中国文化と中国人 - 恋する中国

中華料理の名前に使われるもの - 中華料理大全


中華料理の名前に使われるもの



中国語ピンインカナ読み意味
手撕shǒusīショウスー手で材料を細かく裂いた料理。
碎米(砕米)suìmǐスイミー材料を細かく潰した料理。
回锅(回鍋)huíguōフイグオ一度鍋で煮たものを再び鍋で調理すること。
共和gònghéゴンホー多くの材料を使った料理という意味。
杂锦(雑錦)zájǐnザァージン多くの材料を使った料理という意味。
沙律shālǜシャーリゥサラダのこと。
响铃(響鈴)xiǎnglíngシアンリン食べるとシャリシャリと鈴のような音のする、湯葉などを使って作った料理。
通天tōngtiānトンティエン上から下まで同じ素材を材料としているという意味。
香酥xiāngsūシアンスー香ばしくて歯触りの良い料理。
脆皮cuìpíツイピー表面や皮がサクサクと歯触りの良い状態。
樟茶zhāngcháヂャンチャーくすの木の葉と茶でいぶした料理。
家乡(家郷)jiāxiāngジアシアン郷土料理。田舎料理。
家常jiāchángジアチャン家庭料理。
瑶柱(瑤柱)yáozhùヤオヂュー干し貝柱を使った料理。
发财(発財)fācáiファーツァイ髪菜を使った料理。富貴を願う意味がある。
好市hàoshìハオシー蠔豉を使った料理。商売繁盛を願う意味がある。
下巴xiàbāシアバー魚の下あごやほほの部分を使った料理。
划水huàishuǐフアイシュイ魚の尾の部分を使った料理。
虫草chóngcǎoチョンツァオ冬虫夏草を使った料理。
龙井(龍井)lóngjǐngロンジン龍井茶を使った料理。
包谷bāogǔパオグートウモロコシを使った料理。
松花sōnghuāソンフア皮をむいたピータンの表面に浮き出た模様が松の木に似ているので使われる形容。

白玉báiyùバイユイィ冬瓜を使う料理によく使われる形容。
花雕(花彫)huādiāoフアディアオ紹興花彫酒を使った料理。
茅台máotáiマオタイ茅台酒を使った料理。
罈子tánziタンヅつぼのこと。つぼ煮にした料理。
罗汉(羅漢)luóhànルオハン精進料理によく使われる料理名。野菜の煮込み料理にこの名がよく使われるが、羅漢のおなかの形のようにふくらんだ状態に作った料理にも使う。
状元zhuàngyuánヂュアンユアン官使の登用試験である科挙の最終試験、殿試の首席合格者に送られる称号であり、その合格を祈るという意味がある。
攒盘(攢盤)cuánpánツアンパン小皿を組み合わせると円形や八角形になる食器。



中華料理大全 - 中華料理の名前に使われるもの

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.