中国文化と中国人 - 恋する中国

中国船が続々「宝石サンゴ」根こそぎ密漁 - 政治・経済・社会 - 掲示板 - 恋する中国

HOME > 掲示板 > フォーラム > 政治・経済・社会 > 中国船が続々「宝石サンゴ」根こそぎ密漁 > 中国船が続々「宝石サンゴ」根こそぎ密漁

中国船が続々「宝石サンゴ」根こそぎ密漁 - 政治・経済・社会 - 掲示板



中国船が続々「宝石サンゴ」根こそぎ密漁


投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

なし 中国船が続々「宝石サンゴ」根こそぎ密漁

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 .8 .9 .10 .11 .12 .13 .14 .15 .16 .17 .18 .19 .20 .21 .22 .23 .24 .25 .26 .27 .28 .29 .30 .31 .32 .33 .34 .35 .36 .37 .38 .39 .40 .41 .42 .43 .44 | 投稿日時 2014/11/01 07:30
ゲスト 
世界自然遺産の小笠原諸島(東京都)の近海で、中国のサンゴ漁船による密漁が急増している。背景には中国で宝飾品として珍重される「宝石サンゴ」の価格高騰があるとみられ、地元漁業に深刻な影響が出ている。住民の不安も高まっており、取り締まり強化を求める声が上がっている。

日本珊瑚商工協同組合(高知市)によると、宝飾品となる宝石サンゴの中でも特に「アカサンゴ」に高値がつく。2012年の平均取引価格は1キロ約158万円で、05年の約27万円から5倍以上に高騰。同組合の吉本憲充理事(68)は「アカサンゴは中国で魔よけとして古くから珍重され、官僚への賄賂としても需要が高まっている」と話す。

小笠原諸島周辺の水深200〜300メートルの海底は良質なアカサンゴの産地として国際的に知られており、水産庁関係者は「沖縄での取り締まり強化や、乱獲によるサンゴ資源の枯渇が(小笠原での密漁増加の)要因ではないか」と分析する。

中国漁船が急増した9月以降、地元漁船の漁網が引っかけられたり、中国船に囲まれたりするトラブルが多発。中国船は夜間、無灯火で操業することも多く、衝突の危険もあるため、地元漁船の多くが操業を控えているという。

父島の漁師、関伴夫さん(48)は「白昼堂々と操業し、罪の意識も無い。笑顔で手を振る船員もいた」と話す。今月に入って海保が大型巡視船2隻を投入し、態勢を強化した結果、大きな船団は姿を消したが、周辺では今も中国漁船が目撃されており、「監視が手薄になればまた戻ってくる。手遅れになる前に抜本的な対応を取ってほしい」と訴える。

ただ、海保は沖縄県・尖閣諸島周辺で常態化する中国公船による領海侵犯に対応するために全国の巡視船を投入せざるを得ない状況が続く。また、中国漁船を拿捕すれば、巡視船で本土まで4〜5日かけてえい航する必要があり、大幅な戦力ダウンになる。警告を無視して領海内で操業を続けるような悪質なケース以外は拿捕していないのが現状だ。

政府は10月以降、外交ルートを使って複数回、中国側に注意喚起や再発防止を求めているが、効果は出ていない。


※毎日新聞の複数記事より抜粋

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文
広告、メールアドレス、電話番号、ID等の記載は禁止です

  条件検索へ


HOME > 掲示板 > フォーラム > 政治・経済・社会 > 中国船が続々「宝石サンゴ」根こそぎ密漁 > 中国船が続々「宝石サンゴ」根こそぎ密漁

HOME > 掲示板 > フォーラム > 政治・経済・社会 > 中国船が続々「宝石サンゴ」根こそぎ密漁 > 中国船が続々「宝石サンゴ」根こそぎ密漁

中国船が続々「宝石サンゴ」根こそぎ密漁 - 政治・経済・社会 - 掲示板 - 恋する中国

Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.