中国文化と中国人 - 恋する中国

中国酒の知識と楽しみ方 - 中国酒大全

HOME > 中国酒大全 > Top

中国酒の知識と楽しみ方



中国酒大全
種類、飲み方…

~中国酒の知識と楽しみ方~


中国酒, liquor.jpg

中国酒は、日本でも人気が高く、様々な種類の酒が輸入されている。
一口に中国酒といっても、原料は米、高粱、小麦などの穀類から、葡萄や林檎などの果実にいたるまで多種多様であり、用いる麹の種類や醸造法も実にさまざまである。

中国酒を細かく分ければ膨大な数にのぼるが、一般には大きく6種類に分けられる。黄酒白酒果酒薬酒啤酒、外来酒である。
黄酒は老酒を代表とする発酵酒の総称で、白酒は茅台酒などで知られる蒸留酒の総称。果酒は葡萄酒やリンゴ酒など、果汁を原料にした醸造酒のことで、薬酒は白酒や黄酒、果酒に薬草などを漬け込んだ滋養強壮の酒をいう。また、啤酒はビールのことで、外来酒は、ウイスキーやブランデーなどのことである。

広大な国土に、個性的でバラエティーに富んだ世界を展開してみせてくれる中国酒は、どの酒にも、歴史の息づかいを秘めた、大地の香り豊かで素朴な味わいがある。
また、中国酒は中華料理の食事にも欠かせないものである。その日の料理に合わせて酒を選ぶのも、楽しみの1つである。

Page Top

黄酒(醸造酒) anchor.png

うるち米、もち米、黍などを原料にした醸造酒。長期熟成されたものは老酒と呼ばれる。

Page Top

白酒(蒸留酒) anchor.png

高粱、トウモロコシ、黍、麦などの雑穀で造られる蒸留酒。

Page Top

果酒果実酒anchor.png

果実原料の醸造酒、あるいは白酒に果汁を配合した酒。

Page Top

薬酒 anchor.png

黄酒白酒、果酒などに、薬草や動物のエキスなどを漬け込んだ酒。

Page Top

参考 anchor.png


中国の酒造りの歴史は世界で最も古く、一説には商(殷)・周代に始まり3000年以上の歴史があると言われている。
現代の中国では発酵酒が多くつくられ、その材料は穀類から、牛乳・馬乳まで実に多様である。
2200を超す県がある中国には1つの県に約5つの銘酒があるといわれ、500年から1000年もの歴史ある銘柄もある。


  • 中国酒大全では、中国酒の販売は行っておりません。当サイト内で紹介している商品等につきましては、販売店に直接お問い合わせください。
  • 酒造元の都合(デザインの変更等)により、当サイト内で紹介している中国酒の画像が実物と異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 同一銘柄の酒であっても、製造元や製造年等によりアルコール度数が異なる場合がございます。
  • 当サイト内で表示している中国語のカナ読みは参考として表示してあります。日本国内での呼び方や、中国語での実際の発音とは異なる場合がございます。

HOME > 中国酒大全 > Top

HOME > 中国酒大全 > Top

中国酒大全 - 中国酒の知識と楽しみ方

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.