中国文化と中国人 - 恋する中国

熊岳苹果酒(りんご酒) - 中国酒大全

HOME > 中国酒大全 > 中国の名酒 > 果酒 > 熊岳苹果酒

熊岳苹果酒(りんご酒)



熊岳苹果酒, 124.jpg

熊岳苹果酒は、遼寧省蓋州市産の果酒で、全国優良酒に選ばれている。

この酒は苹果(りんご)から造られた独特の風味をもつ健康果実酒。いわゆる「りんご酒」である。

中国では西暦100年頃にはすでにりんごを栽培しており、「林檎」「海棠」「西府海棠」などと呼ばれ、主に西北地区に分布し、各地へ伝わっていったが、多くは収穫されなかった。
しかし、19世紀の中頃、新種のりんごが遼東半島と山東半島に導入されてからは産量も急速に増加し、新中国成立後、りんごの栽培は大いに発展した。北緯38度から40度までが中心地帯で、遼寧省、山東省、河北省が主要産地になっている。
黒龍江省や新疆ウイグル族自治区でも、抗寒タイプのりんごが栽培されるようになり、南の江蘇省や浙江省、四川省、広東省などでもりんご園ができている。その結果、各地で苹果酒が醸造されるようになった。各地の苹果酒はそれぞれ風味が異なる。

苹果酒には体に有益な成分と豊富なビタミンのほかに、リンゴ酸とレモン酸が含まれている。リンゴ酸には、動脈硬化や尿結石の原因になる体内の余分な塩分を取り除く作用がある。

熊岳苹果酒は、遼寧省蓋平県熊岳果酒廠の特産品である。
工場は遼東半島の絶景を山下に望む有名なりんごの里にあり、百平方里のりんご園が見渡すかぎり続いており、多くの果実を精選して美酒をつくりだす条件を十分に備えている。工場が建てられた1954年以来、いろいろな種類の苹果酒を生産してきたが、この熊岳苹果酒が代表的な品種である。

熊岳苹果酒には二種類の規格があり、陶器の瓶のほうが酒精度15~16度、ガラス瓶のほうが14.5~15.5度、どちらも糖分は13.5~14.5%である。


HOME > 中国酒大全 > 中国の名酒 > 果酒 > 熊岳苹果酒

HOME > 中国酒大全 > 中国の名酒 > 果酒 > 熊岳苹果酒

中国酒大全 - 熊岳苹果酒(りんご酒)

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.