中国文化と中国人 - 恋する中国

通化葡萄酒 - 中国酒大全

HOME > 中国酒大全 > 中国の名酒 > 果酒 > 葡萄酒 > 山葡萄酒 > 通化葡萄酒

通化葡萄酒



通化葡萄酒, 116.jpg

通化葡萄酒は、吉林省通化市産の、山ぶどうを原料にしたワイン。

酒の色は紫紅色。酒質はまろやかで、適度の酸味と甘味に、かすかな渋味がくわわり、さわやかに感じられる。甘口で、酒精度は二種類ある。

  • 中国通化葡萄酒…酒精度15度、糖分15%
  • 通化葡萄酒…酒精度12度、糖分15%

製造元の通化葡萄酒廠は1937年の創業で、かつては生産量が少なく、酒質も悪かった。解放後、国営になってから生産量も酒質も向上し、全国優良酒に選ばれるほどの酒になった。

工場は長白山南麓の渾江東岸にあり、山と水に恵まれているため果物が豊富で、醸造には欠くことがない。しかし、野生の山ぶどうは品質が不揃いなため、山ぶどう園をつくり、品質の改良につとめた。また、付近の農民の生活を助け、農業技術を進歩させるためにも山ぶどう園を増やし、原料を確保している。

1955年から、通化葡萄酒は世界各地へ輸出されるようになった。


HOME > 中国酒大全 > 中国の名酒 > 果酒 > 葡萄酒 > 山葡萄酒 > 通化葡萄酒

HOME > 中国酒大全 > 中国の名酒 > 果酒 > 葡萄酒 > 山葡萄酒 > 通化葡萄酒

中国酒大全 - 通化葡萄酒

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.