中国文化と中国人 - 恋する中国

老酒と陳年 - 中国酒大全

HOME > 中国酒大全 > 基礎知識 > 老酒と陳年

老酒と陳年



老酒とは、品質の良い黄酒を長期熟成させたものである。一般には、三年以上熟成させた黄酒を老酒と呼ぶ。

黄酒とは、米や黍などの穀類を原料に造られる醸造酒で、酒色が黄色いこことから「黄酒」と呼ばれる。浙江省の紹興酒や、福建省の沈缸酒、江蘇省の恵泉酒などがこれにあたる。

黄酒は年月を経るほど、まろやかで香味のある酒になる。それゆえ、熟成期間が長い酒ほど貴重で高価になる。
日本で老酒といえば紹興酒をさすことが多いが、紹興酒以外の黄酒でも長期熟成させたものは老酒と呼ぶ。上海老酒や福建老酒のように、商品名そのものが老酒というものも珍しくない。

老酒は「黄酒を長期熟成させたもの」と書いたが、実は白酒にも「賖店老酒」のように、「老酒」と名がつくものもある。珍しい例ではあるが、決してインチキ臭い酒ではない。賖店老酒は清代から造られている上品な香りをもつ白酒で、贈答品として重用されている。とはいえ、これはやはり例外であり、老酒といえば黄酒をさすのが普通である。

また、中国酒の中には、ラベルに「陳年」と書かれたものがあるが、この「陳」は人名ではなく、「古い」とか「長い年月を経た」という意味である。そして「陳年」は、「長年貯えてきた」、「年代物」という意味である。したがって「陳年十年」といえば、10年間貯蔵熟成させた「10年物」という意味である。


HOME > 中国酒大全 > 基礎知識 > 老酒と陳年

HOME > 中国酒大全 > 基礎知識 > 老酒と陳年

中国酒大全 - 老酒と陳年

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.