中国文化と中国人 - 恋する中国

杏花黄酒 - 中国酒大全

HOME > 中国酒大全 > 中国の名酒 > 黄酒 > 杏花黄酒

杏花黄酒



杏花黄酒は、山西省汾陽市産の黄酒で、酒精度は27度。糖分は18~20%。

杏花黄酒は、汾酒白酒)の里で造られている黄酒だが、汾酒とは工場が違い、汾陽杏花村汾酒廠の製品である。酒精度は黄酒のわりに高い。

この酒の原料は糯粟。多くの微生物から制成した大曲を糖化発酵剤として用い、花椒水をくわえて醸造し、缸に入れるとき汾酒を配入して陳醸後、搾って酒にする。

杏花黄酒の旧名は汾州黄酒。
飲むと胃をあたため、気を通じて血行を良くし、漢方薬の丸薬、散薬、膏薬、丹薬すべての薬引として使われている。


HOME > 中国酒大全 > 中国の名酒 > 黄酒 > 杏花黄酒

HOME > 中国酒大全 > 中国の名酒 > 黄酒 > 杏花黄酒

中国酒大全 - 杏花黄酒

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.