中国文化と中国人 - 恋する中国

五粮液(五糧液) - 中国酒大全

HOME > 中国酒大全 > 中国の名酒 > 白酒 > 五粮液

五粮液(五糧液)



五粮液, 61.jpg

五粮液五糧液)は、四川省宜賓市産の白酒で、酒精度は60度。

四川省は水が豊かなだけあり、名水が多い。名水のあるところ必ず美酒があり、名酒がある。四川省随一の名酒といえば、やはり五粮液である。
瓶を開けた途端、噴き上げてくるような香りは、まさに天下無双の絶品である。飲むと口中に妙香がひろがり、宴席にも満ちあふれ、余香が尽きずにいつまでも室内にただよっている。五粮液は濃厚タイプの大曲酒で、アルコール分が強いわりには舌に強い刺激がなく、むしろやわらかく甘美な味がする。

五粮液とは、高粱、糯米、粳米、とうもろこし、小麦の5つを原料にしているため、そう呼ばれている。新中国成立後、四川省南部の金沙江と岷江との合流点である宜賓市で再び生産されるようになったが、この街には千二百年以上の歴史がある。

五粮液は高粱、糯米、粳米、小麦、とうもろこしの5つの穀物で造られるが、高粱は精選された紅高粱を用い、小麦麹を使う。それも包包曲という特殊な麹で、カビの真ん中が隆起しているため空気との接触面が増し、カビの成長が早くなるという利点がある。培養期間は長く、40日で麹室から出すが、完全に成長するとカビの勢いが強く、皮も薄くて独特の香りを発するようになる。
保温温度は摂氏50度から60度、必ず古い麹を使って岷江の水で醸造する。
五粮液を発酵させる穴蔵は古く、三百年以上の歳月を経たものもあり、陳年老窖酒の名に恥じない設備である。その穴蔵を粘土で封印して70日から90日かけて発酵させ、さらに一定の期間貯蔵して製品にするが、その過程に五粮液の美味しさの秘密がかくされているようである。


HOME > 中国酒大全 > 中国の名酒 > 白酒 > 五粮液

HOME > 中国酒大全 > 中国の名酒 > 白酒 > 五粮液

中国酒大全 - 五粮液(五糧液)

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.