中国文化と中国人 - 恋する中国

滄州薯干白酒 - 中国酒大全

HOME > 中国酒大全 > 中国の名酒 > 白酒 > 滄州薯干白酒

滄州薯干白酒



滄州薯干白酒は、河北省滄州市産の白酒で、酒精度は60度。この酒は全国優良酒に選ばれている。

この酒は酒名のとおり、さつまいもを原料にして麩曲に酒母をくわえ、固体発酵させて醸造した白酒である。酒母は、白酒の醸造中に投入した酵母菌が大量に繁殖した培養液のことである。

滄州薯干白酒の酒液は無色透明。きれいな酒質をしており、やわらかい清香と余香がある。さつまいもの風味はなく、日本の芋焼酎とはかなり異なる。

河北の滄州といえば、『水滸伝』の林冲(りんちゅう)が高俅の悪計にはまって流罪になった場所で、護送中、野猪林で董超と薛覇という二人の役人に殺されそうになったところを、魯智深に助けられる。
滄州の牢城に入った林冲は、城外のまぐさ置場の番人を命ぜられた。大雪の日に、あまりの寒さに酒を飲んで暖まろうと、手槍にひょうたんをぶらさげて居酒屋へ酒を買いに出かけた留守に、番小屋に火をつけられて危うく命拾いをする。ひょうたんの中の酒は、原文でも「酒」としか書かれていないが、滄州付近の地酒だったのだろう。


HOME > 中国酒大全 > 中国の名酒 > 白酒 > 滄州薯干白酒

HOME > 中国酒大全 > 中国の名酒 > 白酒 > 滄州薯干白酒

中国酒大全 - 滄州薯干白酒

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.