中国文化と中国人 - 恋する中国

査証(ビザ)と在留資格の違い - 中国人留学生のトリセツ

HOME > 中国人留学生のトリセツ > 査証と在留資格 > 査証と在留資格の違い

査証(ビザ)と在留資格の違い



査証(ビザ)は、外国人の入国に必要な入国許可申請証明の一部であり、大多数の国が同様の制度を運用している。入国許可・在留資格とは別のものである。

日本では、在留資格が、俗称で「ビザ」(VISA)とよばれることが多いが、ビザ(査証)と在留資格は、まったく異なるものである。また、しばしばパスポート(旅券)との関係や違いが誤解されるが、パスポートは「国際国籍・身分証明書」、ビザは「入国許可申請証」と言い換えることができる。またパスポートは旅行者の国籍国が発行し、ビザは旅行目的国が発行するものである。

ビザ(査証)の主目的は、入国しようとする外国人が入国するにふさわしいかを判断する身元審査である。犯罪歴があるなど身元審査で不適格と判断された者にはビザが発行されず、その場合原則として入国は許可されない。またビザは、事前段階における入国許可申請証明の一部であり、ビザを持っていても入国を拒否されることがある。

ビザは在留許可(ないしは滞在許可)と混同されがちだが、ビザが入国申請を行うための要件の一つであるのに対し、在留許可は入国するためあるいは入国後滞在を続けるための資格である。混同の原因として、一般的にビザの項目に滞在目的・滞在資格が併記されていたり、また一部の国ではビザと在留許可が同時に与えられることが挙げられる。最終的な在留許可は入国審査官が決定する。
マスコミなどの報道などでも「留学ビザ」などと表現されることが多いが、正確には「留学の在留資格」である。留学ビザや就労ビザという言葉を聞いている人も、あまり違和感を感じていないこともあり、入管関係者や法律家などの専門家以外は、厳密に区別しないで使っている。

査証制度と在留許可制度が並立しているのは、査証(ビザ)は外務主管庁の管轄事項であること、在留許可は入国管理の一環として法務主管庁の管轄事項であることが大きな理由である。

査証(ビザ)とは anchor.png

ビザは、外国人が日本に入国する前に、海外にある日本の大使館や領事館で作成するものである。
ビザには、次の役割がある。

  1. 外国人が持っている旅券(パスポート)が有効であることの確認
  2. 日本に入国させても支障がないという推薦の意味

ビザには、その外国人が「正当な理由と資格があって旅行することを証明する」という役割がある。
海外の日本大使館等の事前審査の結果、日本への入国は支障ないと判断された、ということを、日本の入国審査官に紹介する文書とされている。
ただし、このビザがあっても、他の要件を満たしていなければ、日本への上陸が許可されないこともある。

Page Top

在留資格とは anchor.png

在留資格とは、日本への入国の際に、外国人の入国・在留の目的に応じて、入国審査官から与えられる資格のことである。
現在、27種類の在留資格があり、外国人はこの資格の範囲内で活動することができる。

区分在留資格の種類
別表第1の1外交、公用、教授、芸術、宗教、報道
別表第1の2投資・経営、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術、人文知識・国際業務、企業内転勤、興行、技能、技能実習
別表第1の3文化活動、短期滞在
別表第1の4留学、就学(廃止)、研修、家族滞在
別表第1の5特定活動
別表第2永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者

在留資格は、日本に在留中の外国人が、一定の身分、または地位に基づいて、活動することができる入国管理法上の資格である。
外国人が日本に入国して在留するためには、在留資格をもって在留することが原則である。


HOME > 中国人留学生のトリセツ > 査証と在留資格 > 査証と在留資格の違い

HOME > 中国人留学生のトリセツ > 査証と在留資格 > 査証と在留資格の違い

中国人留学生のトリセツ - 査証(ビザ)と在留資格の違い

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
34 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国人留学生のトリセツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 34

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.