中国文化と中国人 - 恋する中国

留学ビザ(在留資格)の申請 - 中国人留学生のトリセツ


留学ビザ(在留資格)の申請



留学ビザとは、本邦の大学若しくはこれに準ずる機関、専就学校の専門課程、外国において十二年の学校教育を修了した者に対して本邦の大学に入学するための教育を行う機関又は高等専門学校において教育を受ける活動、のためのビザである。(正確には、「ビザ」ではなく、「在留資格」である)

留学ビザの要件 anchor.png

  1. 申請人が本邦の大学若しくはこれに準ずる機関、専就学校の専門課程、外国において12年の学校教育を修了した者に対して本邦の大学に入学するための教育を行う機関又は高等専門学校に入学して教育を受けること(専ら夜間通学して又は通信により教育を受ける場合を除く。)。
  2. 申請人がその本邦に在留する期間中の生活に要する費用(以下「生活費用」という。)を支弁する十分な資産、奨学金その他の手段を有すること。ただし、申請人以外の者が申請人の生活費用を支弁する場合は、この限りでない。
  3. 申請人が専ら聴講による教育を受ける研究生又は聴講生として教育を受ける場合は、当該教育を受ける教育機関が行う入学選考に基づいて入学の許可を受け、かつ、当該教育機関において1週間につき10時間以上聴講をすること。
  4. 申請人が専就学校の専門課程において教育を受けようとする場合(専ら日本語の教育を受けようとする場合を除く。)は、次のいずれにも該当していること。
     イ.申請人が日本語教育施設の教育条件等について審査及び証明(以下「審査等」という。)を行うものとして主務大臣が認定した事業を実施する者により審査等を受けている日本語教育施設で法務大臣が告示をもって定めるものにおいて6か月以上の日本語の教育を受けた者、専就学校において教育を受けるに足りる日本語能力を試験により証明された者又は学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する学校(幼稚園を除く。)において1年以上の教育を受けた者であること。
     ロ.当該専就学校に外国人学生の生活の指導を担当する常勤の職員が置かれていること。
  5. 申請人が専就学校の専門課程において専ら日本語の教育を受けようとする場合は、当該教育機関が日本語教育施設の教育条件等について審査等を行うものとして主務大臣が認定した事業を実施する者により審査等を受けている日本語教育施設で法務大臣が告示をもって定めるものであること。
  6. 申請人が外国において12年の学校教育を修了した者に対して本邦の大学に入学するための教育を行う機関において教育を受けようとする場合は、当該機関が法務大臣が告示をもって定めるものであること。
Page Top

手続き anchor.png

Page Top

在留資格 anchor.png

Page Top

提出書類 anchor.png

原則として以下のとおりであるが、在籍管理が適切でない教育機関の学生等については、その他の書類の提出が必要となる場合もある。

  1. 在留資格認定証明書交付申請書…1通
  2. 写真(縦4cm×横3cm)…1葉
    ※申請前6か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
    ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付。
  3. 返信用封筒(定形封筒に宛先を明記の上,送料分の切手(簡易書留用)を貼付したもの)…1通
  4. 教育を受けようとする機関の入学許可証の写し
  5. 在留中の一切の経費の支弁能力を証する文書、当該外国人以外の者が経費を支弁する場合には、その者の支弁能力を証する文書及びその者が支弁するに至った経緯を明らかにする文書
  6. 申請人が研究生又は聴講生として教育を受けようとする場合には、当該機関からの研究内容又は科目及び時間数を証する文書
  7. 申請人が基準省令の表の法別表第1の4の表の留学の項の下欄に掲げる活動の項(以下「基準省令の留学の項」という)の下欄第1号ハに該当する活動を行う場合は、卒業証書及び経緯を明らかにする文書
  8. その他
    ※申請人が教育を受けようとする機関(受入れ機関)に応じ、提出する書類が異なる。
  9. 身分を証する文書(身分証明書等)…提示

※上記9については、代理人、申請取次者若しくは法定代理人が申請を提出する場合において、申請を提出することができる人間かどうかを確認するために必要となるもの。
※この他、審査の過程において、上記以外の資料を求められる場合もある。

Page Top

ビザ anchor.png

留学で日本へ渡航する場合は、日本国内の代理人が事前に法務省入国管理局にて「在留資格認定証明書」を取得した上で査証(ビザ)申請を行う必要がある。
「在留資格認定証明書」発行日から3ヶ月以内に査証(ビザ)を取得し、上陸申請を行わない場合には、同書は効力を失う。同書の交付を受けた後は、速やかに査証(ビザ)申請を行わなければならない。申請は代理申請機関を通じて行う。

Page Top

必要書類 anchor.png

  1. 査証(ビザ)申請書(写真貼付)
  2. 旅券
  3. 戸口薄写し
  4. 暫住証(申請を行った在中国日本国大使館、および領事館の管轄地域外に本籍を有する人のみ提出)
  5. 在留資格認定証明書(原本)及びその写し
  6. 留学調査表
  7. 経費支弁者の在職証明書
  8. 卒業証明書又は卒業証書写し
Page Top

手数料 anchor.png

200元(このほかに代理申請機関の手数料がかかる)。

Page Top

発給所要日数 anchor.png

審査の結果問題がない場合、申請日の翌日から起算して最短で4業務日で査証(ビザ)が発給される。
(案件により、審査期間が長期間かかる場合もある)

Page Top

その他 anchor.png

留学ビザも、他のビザと同様、出身国や地域によって、審査の厳しさは異なることを知っておくべきである。これは、「差別」ではなく、偽造文書等の虚偽申請が多い地域は、経験則上ないし事実上、「虚偽であるとの推定」が多かれ少なかれ働くことによるものであり、ある程度はやむをえないところである。




中国人留学生のトリセツ - 留学ビザ(在留資格)の申請

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
31 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国人留学生のトリセツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 31

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.