中国文化と中国人 - 恋する中国

日本語能力試験 - 中国人留学生のトリセツ

HOME > 中国人留学生のトリセツ > 学校 > 入試 > 日本語能力試験

日本語能力試験



日本語能力試験(Japanese Language Proficiency Test、略称JLPT)とは、財団法人日本国際教育支援協会と独立行政法人国際交流基金が主催の、日本語を母語としない人を対象に日本語能力を認定する検定試験である。日本を含め世界58カ国・地域(2010年)で実施。日本語を母語としない人を対象とした日本語の試験としては最も受験者の多い試験である。

概要 anchor.png

1984年開始。最上級のN1から最下級のN5まで5段階のレベルがある(2009年までは1級~4級の4段階)。7月上旬(国内及び海外の一部の都市のみ)と、12月上旬(全地域)に試験が実施されている(2008年までは年に1度(12月第1日曜日)の実施であった)。

日本国内では日本国際教育支援協会が、海外では国際交流基金が現地の機関と共同で試験を実施している。開始当時は世界15カ国・地域で約7,000人の受験者であったが、年々受験者数が増加し、年2回となった2009年は年間のべ約77万人が受験した。試験が大幅にリニューアルされた2010年は受験者が初めて減少したものの、58カ国・地域で年間のべ約61万人が受験した。

解答はすべて4択のマークシート方式である。問題レベルはすべて日本語を母語としない外国人が日本語を学習するカリキュラムに基準を合わせているため、日本語を母語とする人が通常学ぶ国語の教育カリキュラムとは合わない。

日本語を母語としない者の場合、日本の国立大学への派遣留学には日本語能力試験1級を要求されることが多い(日本人がアメリカ留学に際して、TOEFLで高得点を獲得した証明を要求されるのと同等)。なお、正規留学・私費留学などには日本語能力試験ではなく日本留学試験を受けなければならない(2002年から。ただし一部の志望学校では日本留学試験を行わない国の志望者に対し日本語能力試験の成績を認めるなど例外措置もある)。2008年1月19日、政府は日本へ長期滞在する外国人の査証発給審査で日本語能力試験の成績を要件として加えようと検討中であると発表した。

韓国のYBM Si-saが実施しているJPT日本語能力試験とは全く異なる。

NPO法人日本語検定委員会が実施している日本語検定は、主として日本語母語話者を対象としている民間の検定試験で、日本語能力試験とは全く別の検定である。

Page Top

受験級 anchor.png

現在の受験級 [編集]2010年の改訂で、N1~N5の5段階になった。2010年7月はN1~N3レベルのみ、2010年12月以降は全レベルを実施している。「N」は「Nihongo(日本語)」「New(新しい)」を表している。

レベル認定の目安試験科目と時間
N1幅広い場面で使われる日本語を理解することができる。言語知識(文字・語彙・文法)・読解110分、聴解60分
N2日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができる。言語知識(文字・語彙・文法)・読解105分、聴解50分
N3日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる。言語知識(文字・語彙)30分、言語知識(文法)・読解70分、聴解40分
N4基本的な日本語を理解することができる。言語知識(文字・語彙)30分、言語知識(文法)・読解60分、聴解35分
N5基本的な日本語をある程度理解することができる。言語知識(文字・語彙)25分、言語知識(文法)・読解50分、聴解30分

Page Top

出願 anchor.png

日本国内で受験する場合の出願は、7月受験は3月下旬から4月に、12月受験は8月下旬から9月に受け付ける。『受験案内』を大手書店などで購入(500円)し、ゆうちょ銀行または郵便局にて受験料(5,500円)の払い込みを済ませた後、特定記録郵便で必要書類を送付する。協会から受験票を返送するための日本国内の住所を記入する必要があるため、住所がない場合は日本国内に住所を持っている代理人を立てる必要がある。どの級も同じ時間帯に試験を行うので、複数の級をまたがって出願することは出来ない。

受験会場は受験者が願書に記入した「希望受験地区」と住所欄の「郵便番号」を基に協会が指定する。

海外で受験する場合は海外の現地機関が独自に受付を行っているため、申し込み方法や締切日などが日本国内で受検する場合と異なっている。また、いかなる理由があっても出願先の国と異なる国で受験することは出来ない。

Page Top

合否結果 anchor.png

試験の結果は、試験の翌々月上旬に日本から発送される。そのため海外で受験した場合は到着に多くの日数を要する。日本国内の受験者の場合、「合否結果通知書」と合格者にのみはがき大の「日本語能力認定書」が送られる。また、企業などへ提出するための証明書であるA4サイズの「認定結果及び成績に関する証明書」は、前述の2書類到着後、どちらかのコピーと所定の手数料を払って請求すれば受けられる。海外の受験者の場合は成績書類の様式や手続きの方法が異なる。


HOME > 中国人留学生のトリセツ > 学校 > 入試 > 日本語能力試験

HOME > 中国人留学生のトリセツ > 学校 > 入試 > 日本語能力試験

中国人留学生のトリセツ - 日本語能力試験

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
42 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国人留学生のトリセツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 42

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.