中国文化と中国人 - 恋する中国

アルバイト - 中国人留学生のトリセツ

HOME > 中国人留学生のトリセツ > 労働 > アルバイト

アルバイト



中国人留学生のアルバイトは、多方面におよぶ。よく見かけるのはコンビニや飲食店の店員。最近では中国人観光客がよく訪れる地域の店なども積極的に中国人留学生のアルバイトを採用している。

留学生のアルバイトの業種については制限がある。資格外活動で認められた規定時間内であっても、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条に定める「風俗営業」の営業所など、風俗営業関連の業種(バー、クラブ、スナック、パブ、キャバレーなど客席に同席してサービスする業種、店内の照明が10ルクス以下の喫茶店、ソープランド、ラブホテル、アダルトショップなど性風俗に関連する業種、パチンコ店、マージャン店、マッサージ店などのような業種)で働くことは禁止されている。また、職種が皿洗いや掃除といったようなものであったとしても、こういった業種の店でアルバイトをすることはできない。

資格外活動 anchor.png

留学生がアルバイトをする場合、資格外活動の許可を受けなければ働くことができない。
この許可を得ずにアルバイトをすると、不法就労として罰せられる。留学生本人に対しては、3年以下の懲役、または300万円以下の罰金が科される。また、退去強制(国外追放)となることもある。

Page Top

許可の内容 anchor.png

  1. 大学又はこれに準ずる機関の正規生
    1週について28時間以内(当該教育機関の長期休業期間*1にあっては、1日について8時間以内)の収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動。
    ただし、風俗営業又は風俗関連営業の事業所*2でのアルバイトは認められない。
  2. 専ら聴講による研究生又は聴講生
    1週について14時間以内(当該教育機関の長期休業期間*1にあっては、1日について8時間以内)の収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受げる活動。
    ただし、風俗営業又は風俗関連営業の事業所*2でのアルバイトは認められない。
  3. 専修学校専門課程又は高等専門学校の留学生
    1週について28時間以内(当該教育機関の長期休業機関*1にあっては、1日について8時間以内)の収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動。
    ただし、風俗営業又は風俗関連営業の事業所*2でのアルバイトは認めれない。

※ 一日あたり何時間アルバイトするかは本人の裁量に委ねる。

Page Top

留意事項 anchor.png

  • 申請資格外活動許可の申請は、原則として、大学など在籍する学校の留学生担当者の申請取次(代理申請)となるため、留学生課などの担当窓口で相談する。
  • 提出書類
    1. 資格外活動許可申請書
    2. 副申書(別記様式)
    3. 外国人登録証明書の写し

HOME > 中国人留学生のトリセツ > 労働 > アルバイト

HOME > 中国人留学生のトリセツ > 労働 > アルバイト

中国人留学生のトリセツ - アルバイト

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
32 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 中国人留学生のトリセツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 32

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.