中国文化と中国人 - 恋する中国

住居 - 中国人留学生のトリセツ


住居



留学生専用宿舎があれば、それが最も便利であるが、専用宿舎の数は少なく、多くの中国人留学生は普通の民間のアパートに住んでいる。

留学生にとって、どこに住むかということは頭の痛い問題。日本には悪名高き「保証人制度」と、独特な「敷金制度」がある。また、不動産会社によっては、今でも「外国人お断り」というところもある。
来日したばかりの留学生にとっては、まず留学生専用宿舎があればそこに入居するのが最も楽な方法である。そして、ある程度日本の生活に慣れた段階で、民間のアパートなどを探したほうがよい。しかし、前述したように、留学生専用宿舎の数は少ないので、最初から民間アパートを探すことになる留学生は多い。
ただ、幸いなことに、日本には在日中国人が多く、在日中国人が中国人留学生向けのアパートや寮を経営していることも多いので、他国の留学生より住居探しは楽である。
ちなみに、全留学生(中国人以外の留学生も含む)のうち、約4分3は民間のアパートやマンションで生活している。

※関連情報⇒留学生住宅総合補償

留学生専用宿舎 anchor.png

他の住居と違って、保証人や敷金が不要なことが多く、部屋には机やベッド、エアコンなど、当面の生活に必要な物が備わっている。家賃も通常のアパートに比べると、かなり安くなっている。
ただ、日本にいる間、ずっとそこに住めるかどうかは分からない。留学生専用宿舎には、留学生全員が入居できるだけの部屋が確保されているとは限らない。そのため、来日して1年程度、専用宿舎に住み、その後、民間アパートに移ることが多い。

Page Top

学生寮 anchor.png

これは日本人学生も住んでいる学生寮のこと。家賃も安く、敷金もだいたいは不要。日本人学生との混住となるので、当然顔を合わせたり話をする機会も多く、日本人学生とも親しくなる可能性がある。
しかし、学生寮によっては老朽化が進んでいたり、個室がなくてプライバシーを保てないという問題もある。また、中国人は他の人と一緒に浴場で裸になることに抵抗が強く、大浴場しかない
古いタイプの学生寮を敬遠する中国人留学生は多い。

Page Top

民間アパート anchor.png

留学生の4分3は、民間のアパートに住んでいる。しかし、日本のアパートは家賃が高いことに加え、「保証人」「敷金」「家具が全くない」などの問題がある。最近では「家具付き」や「敷金不要」「保証人不要」のアパートも増えてきたが、そういった物件は割高か、安くても不便な場所、あるいは「問題あり」のことが多い。家具付きや保証人、敷金が不要、さらに便が良い物件は、当然のことながら家賃は高い。

日本では「礼金」という、わけの分からないものを要求されたり、契約更新のときに「更新料」を取られたりするなど、日本の民間アパートの家賃システムは、非常に不透明で不合理。
同じ地域にある、同じような物件でも、敷金や礼金が異なることは多い。ほぼ「大家の都合」で決められる、全く統一性のない日本の賃貸住宅の契約システムは、不透明で不合理な国から来た中国人をも悩ませる。

Page Top

在日中国人経営アパート、寮 anchor.png

日本には在日中国人が数多く住んでいる。そして、外国人留学生の大半が中国人である。そのため、必然的に中国人経営の中国人留学生向けのアパートや寮が大量に出現する。寮とはいっても、学校や会社指定の寮ではない。民間のアパートやマンションを経営する中国人が「寮」と名乗っているだけである。
一般的には、見た目も間取りも普通のアパートやマンションである。部屋は個室から、2~4人部屋まである。
また、一般のアパートやマンションとは違う、見た目も作りも寮という物件もある。こちらも、個室もあれば、2~4人部屋もある。
いずれも、一見すると、普通のアパートやマンションより安いように感じるが、個室以外、ひとつの部屋に複数名で住む、ようするにルームシェアであるため、1人あたりの支払い額が安くなるだけのこと。1部屋を7万円で貸すより、1人2万5千円で3人入居させたほうが儲かるというカラクリ。

オーナーが中国人であるうえ、同居者も中国人なので、精神的な負担は少ない。ただし、「外国で外国人と共に暮らす」という貴重なチャンスを失うため、普段の生活から学べるはずの日本の生活文化や習慣、人間関係などは、全くといっていいほど身に付かない。

Page Top

公営住宅 anchor.png

留学生の中には、家族同伴で来日している人もいる。そういった人には公営住宅が便利だ。留学生専用宿舎のように、期限を切られることもない。
ただし、公営住宅の入居は抽選で行われるため、競争率の高い都市部では、よほどの強運の持ち主でなければ、抽選に当たることは難しい。
抽選倍率が低い不人気物件は、当然のことながら便が悪いところにあるため、通学に要する体力や交通費が大変になる。




中国人留学生のトリセツ - 住居

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
34 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国人留学生のトリセツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 34

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.