中国文化と中国人 - 恋する中国

相手の状況を知る - 中国人留学生のトリセツ

HOME > 中国人留学生のトリセツ > 付き合う > 相手の状況を知る

相手の状況を知る



一口に中国人留学生といっても、その状況は実に様々だ。国費留学生もいれば、私費留学生もいる。
経済的に恵まれ、豊かな生活をしている人もいれば、アルバイトで学費を稼ぎ、ギリギリの生活をしている人もいる。

兄弟姉妹で暮らしている人もいれば、友達同士で暮らしている人もいる。2DKに2人で暮らしている人もいれば、1Kに4人で暮らしている人もいる。北方から来た人、南方から来た人、お金持ちの子供、貧しい地域から来た人、留学生は出身地も経済力も暮らしぶりも、実に様々だ。当然、条件が違えば、付き合い方も変えなければならない。

経済的に恵まれ、余裕の生活をしている留学生であれば、さほど問題となるところはないが、実際は、質素な生活をしている留学生のほうが圧倒的に多い。
アルバイトで学費を稼ぎだしている留学生は、頻繁に遊びに行く余裕などはない。親に甘え、さほど不自由も苦労もせず、学生生活を楽しんでいる日本人学生は、その辺のところを考えているだろうか?一歩間違えば強制送還にもなりかねない、ギリギリのところで踏ん張っている留学生はたくさんいるのだ。

日本人の中にも苦学生はいる。もしかしたらその苦労は、言葉も文化も違う異国で苦労している留学生の比ではないかもしれないが、無駄な時間と無駄な金は使わないという点では共通するところがあるので、留学生の気持ちもわかるだろう。

サークルにも参加しない。遊びに誘っても断られることのほうが多い。「中国人留学生はアルバイトばかりで金のことしか考えてない」とか、「中国人留学生は付き合いが悪い」という人もいるが、付き合いが悪いのではなく、付き合いたくても付き合えない、ギリギリのところで踏ん張っているのだということを理解してあげてほしい。
本当は中国人留学生も、日本人と仲良く一緒に遊びに行きたいと思っている人のほうが多いのだ。ただ、それができる環境にないというだけの話である。

だからといって、毎回「おごるから遊びに行こうぜ!」はダメである。日本人を「いいカモ」と思っている中国人なら話は別だが、本当の友達として付き合いたいと思っている中国人に対しては、ただただ失礼なだけである。対等に付き合ってこそ本当の友達。おごってもらったら、次はおごる。中国人はそんな友達付き合いを望んでいる。
もし、本当に友達として付き合いたいのなら、相手の状況をよく知り理解したうえで、お互いが負担にならないような付き合いをしなければならない。
幸いにも、日本人には「相手を思いやる」とか「相手の気持ちを察する」という特別な能力がある。こういうときこそ、日本人の持つ素晴らしい能力を、フルに発揮してもらいたい。


HOME > 中国人留学生のトリセツ > 付き合う > 相手の状況を知る

HOME > 中国人留学生のトリセツ > 付き合う > 相手の状況を知る

中国人留学生のトリセツ - 相手の状況を知る

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
31 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国人留学生のトリセツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 31

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.