中国文化と中国人 - 恋する中国

割り勘はあり? - 中国人留学生のトリセツ

HOME > 中国人留学生のトリセツ > 付き合う > 割り勘はあり?

割り勘はあり?



中国人留学生が、日本で驚くことのひとつが「割り勘」であるということはよく言われる。

中国では、何人かで食事やお酒を飲みに行った場合、年長者がいればその人が全員分を払う。年が同じなら誘った人が払う。年が同じ場合、次回は別の人が誘って、順番に払っていくことになり、最終的には皆同じくらいの額を払うことになる。
しかし日本では広く「割り勘」が浸透し、年長者がいたとしても、お金持ちでもないかぎり、全員分を払うことはめったにない。
中国でも、最近は若い人を中心に徐々に割り勘(中国ではAA制という)の習慣が広がっているが、それでも割り勘に馴染めないという中国人留学生は結構多い。
しかし、ここは日本である。中国人留学生に気を使う必要はない。割り勘は日本の文化なのだから、当たり前の顔で割り勘にすればよい。考えすぎてレジで悩むより、ストレートに割り勘と言ったほうが中国人も安心である。

ただし、割り勘がOKなのは外で食事したり飲んだり遊んだりしたときだけである。自分の家に招待したり、相手の家に招待されたときは、割り勘は厳禁である。

日本人同士の場合、友達の家で飲み会などをした際も、割り勘にすることがあるが、中国人相手のときは、この割り勘は絶対にやらないほうがいい。

日本人の多くは「親しき仲にも礼儀あり」とか「他人の迷惑になるな」と小さいときから教えられる。そして、友達同士だからこそ、相手の負担を少しでも軽くしてあげようとして、かかった費用を割り勘にしてあげようとする。その気持ちは、日本人同士なら大切だが、中国人は理解に苦しむ。場合によっては、失望させたり、反感を買ったりする。
中国人が望むのは、招待したり招待されたりといった友人関係である。お金の問題ではない。中国人の友達の家に招待されたら、次は自分の家に招待すればいいだけである。

割り勘は便利だが、「これで貸し借りなし」と、その場で決着をつけるようなものでもある。日本人は合理的と思うかもしれないが、中国人はそうは思わない。
何か特別な事情でもないかぎり、友達という人間関係はずっと続くのだから、毎回その場で「貸し借りなし」の決着をつける必要など、どこにもない。
「友達の負担を軽くしてあげたい」という日本人の親切心は、時として、中国人の「友達として付き合いたい」「友達を歓待したい」という気持ちを踏みにじることになる。


HOME > 中国人留学生のトリセツ > 付き合う > 割り勘はあり?

HOME > 中国人留学生のトリセツ > 付き合う > 割り勘はあり?

中国人留学生のトリセツ - 割り勘はあり?

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
28 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 中国人留学生のトリセツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 28

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.