中国文化と中国人 - 恋する中国

中国人男性の恋愛観 - 中国恋愛事情

HOME > 中国恋愛事情 > 恋愛観 > 中国人男性の恋愛観

中国人男性の恋愛観



ひとくちに中国人男性の恋愛観といっても個人差はあるし、また、地域や生活水準、教育レベルなどによっても異なってくるが、一般的に言われている現代の中国人男性の恋愛観は以下のとおりである。

美人が第一条件 anchor.png

中国人男性の恋愛観、まずは「美貌」である。中国人男性は、女性の美しさを恋愛の第一条件としている。
もちろん、日本人も美人は好きだが、まともな男性なら、美人でも頭が空っぽの女性や、心が貧しい、あるいは卑しい女性を人生の伴侶に選ぶようなことはしない。しかし中国人男性は、どちらかといえば「美貌」だけで女性に惹かれる。もちろん中国人男性も「美貌だけの女性」は心から歓迎はしないが、周囲の目、すなわち「面子」にとらわれてしまうのである。つまり中国では、妻が美人なら、他人はそれを男の才能、あるいは成功によるものだと見る傾向があるのである。まさに生存競争に勝ったことを示していると受け取られるのである。美人の女性を妻に迎えることは羨望の対象となるため、男は鼻が高い。さらに美人の妻を選ぶことは、男性の一族の面子にもかかわっていることから、美人妻は一族の見栄と虚栄心を満たすことにもなるのだ。中国人男性の恋愛観は「面子」そのものなのである。

Page Top

自分より若いことが最低条件 anchor.png

中国人男性の恋愛観、第二のキーワードは「若さ」である。中国では、北方の一部の地域の習慣を除いて、自分より年下の女性を求める。20~30代の男性は、自分より1~5歳ほど年下の女性を求める。40歳を過ぎると、中国人男性は自分よりもはるかに年下の女性を求める。「老夫若婦」はみんなの羨望の的となる。
年齢のギャップがあるとお互いの話題も異なって、コミュニケーションが難しいと心配されるかもしれないが、中国人男性は実は同性の友人との交流にもっとも気を使っている。妻には、むしろ忠実な傾聴者になってほしいと願っている。「賢者が聞き、愚者が語る」という諺からすれば、中国人男性は賢人ではないのかもしれない。

Page Top

人間性より資産 anchor.png

欧米の男性は、恋人募集のとき、自分の趣味や好きなスポーツなどを詳細に紹介するが、中国人男性は求婚広告に、学位意外には、きまって収入や不動産などをていねいに記入する。これは中国人女性が男性を判断するための基準だからである。中国人女性は人間性よりも資産で男性を選ぶ。どんな善人でも、貧乏な男には興味を示さない。人間性重視で貧乏な男を選ぼうものなら、家族や周囲の友人達から猛反対され、奇人変人扱いされ、最悪の場合は家族から絶縁される。
また、中国人男性は、基本的に女性から尊敬してもらいたいという願望が強い。男としての誇りは、会社や社会で認められなくても、せめて家庭の中では認めてもらいたいということで満たされる。
逆に、中国人男性がもっとも我慢できないのは、自分より学位や社会的地位、所得の高い女性だ。そんな女性を妻にしてしまうと、女性からも尊敬されず、面子もたたず、自信喪失になる恐れがあるからだ。

Page Top

日本人や台湾人は高嶺の花 anchor.png

中国人男性に人気が高いのは日本人女性と台湾人女性である。日本人女性に対しては、いまだに「大和撫子」のイメージをもっている。現代の日本人女性は必ずしも「大和撫子」とは言えないかもしれないが、それでも中国人女性と比べれば、はるかに優しくて可愛げがある。拝金主義で、面子にこだわり、ガツガツして可愛げがない中国人女性より、はるかに人気が高い。
台湾人女性に対しては、洗練されたイメージを持っている。経済的に豊かになり、中国人女性もお洒落な人が増えたが、中身が洗練されていないのである。
もっとも、日本人女性にしろ台湾人女性にしろ、その多くは中国人男性から見た「隣の芝は青い」というのがほとんどである。
それでも高嶺の花と言われる日本人女性や台湾人女性を恋人や妻にすることは、中国人男性にとって最高の自己満足となり、同時に面子もたつこととなるのである。


HOME > 中国恋愛事情 > 恋愛観 > 中国人男性の恋愛観

HOME > 中国恋愛事情 > 恋愛観 > 中国人男性の恋愛観

中国恋愛事情 - 中国人男性の恋愛観

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.