中国文化と中国人 - 恋する中国

婚約者・内縁の配偶者のビザと在留資格 - 中国結婚事情

HOME > 中国結婚事情 > ビザと在留資格 > 婚約者・内縁の配偶者のビザと在留資格

婚約者・内縁の配偶者のビザと在留資格



婚約者・内縁の配偶者のビザと在留資格 :: 恋する中国

婚約者は結婚の約束をしている者ではあるが、婚約の段階ではまだ法律上の配偶者ではないため、当然にして「日本人の配偶者等」の在留資格は許可されない。
また、内縁の配偶者は、事実婚の配偶者とも呼ばれるが、こちらも法律上の配偶者ではないため、「日本人の配偶者等」の在留資格は許可されない。したがって、法律上の配偶者ではない「婚約者」や「内縁の配偶者」を日本に呼ぶためには、現在の入管法の下では、「短期滞在」の在留資格で来日することになる(日本には、アメリカ合衆国のような、いわゆる「フィアンセ・ビザ」はない)。

ビザ(査証) anchor.png

ビザ(査証)も知人訪問や観光などを目的とした「短期滞在査証」(短期滞在ビザ)を取得することになる。
一般に「知人訪問ビザ」や「観光ビザ」と呼ばれているものであるが(法律上の夫婦ではないため親族訪問ではない)、ビザの種類はどちらも「短期滞在査証」となる。ただし、ビザの種類は同じでも、知人訪問と観光では目的が異なるため、ビザ取得手続きの際に提出する書類は異なる。

Page Top

在留資格の変更 anchor.png

婚約者や内縁の配偶者が「短期滞在」の在留資格で来日し、滞在中に日本で結婚(婚姻届を提出する法的な結婚)をし、法律上の配偶者になったとしても、すぐに「短期滞在」の在留資格から「日本人の配偶者等」の在留資格に変更することができるかということについては、裁判の判例によると、必ずしも常に許可されるとは限らない。

外国人が「短期滞在」以外の在留資格で日本に上陸するときは、「在留資格認定証明書」の交付を受けた後に、ビザの発給を受けるなど、所定の手続きが必要である。
一方、「短期滞在」の在留資格は、「在留資格認定証明書」を得る手続きに比べ、ビザ発給や上陸手続き等が、比較的簡易となっている。そのため、「短期滞在」で来日し、滞在期間中に他の在留資格に変更しようとしても原則的には許可されず、「やむを得ない特別な事情」がなければ、変更は許可されない。

Page Top

在留資格の変更の規定内容 anchor.png

入管法第20条3項(在留資格の変更
(前文省略)ただし、短期滞在の在留資格をもって在留する者の申請については、やむを得ない特別の事情に基づくものでなければ許可しないものとする

入管法の定めによると、やむを得ない特別の事情に基づくときは、短期滞在の在留資格から他の在留資格への変更が許可されることもあるとされている。
しかし、平成18年1月31日の東京高裁の判決では、「日本人の配偶者というだけで、直ちに入管法20条3項のやむを得ない特別の事情が認められると解すべきではない」とされている。
したがって、婚約者や内縁の配偶者が短期滞在で来日し、日本人と結婚したため、在留資格を「日本人の配偶者等」に変更したいと希望しても、必ず変更されるとは限らないため、慎重な対応が必要となる。

Page Top

婚姻後の来日がお勧め anchor.png

入国管理局では、不正(犯罪)が多い国や地域の出身者の申請は、より厳格な審査を行うとしている。
中国は極めて不正の多い国であり、日本国内での中国人犯罪も非常に多いため、中国人の在留資格の取得や変更の申請は、他の国や地域の者と比べて審査は厳しい。そのため、一般的にも難しいとされる短期滞在からの在留資格変更は、確実性という点からも不安が残る。
また、来日後に在留資格へ変更をするという方法は、手続きの二度手間でもある。その都度、必要書類なども揃えなければならず、時間的にも経済的にも無駄が多く、体力的、精神的疲労も増す。
何か特別な事情がある場合を除き、来日後に変更するという方法はお勧めできない。


HOME > 中国結婚事情 > ビザと在留資格 > 婚約者・内縁の配偶者のビザと在留資格

HOME > 中国結婚事情 > ビザと在留資格 > 婚約者・内縁の配偶者のビザと在留資格

中国結婚事情 - 婚約者・内縁の配偶者のビザと在留資格

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.