中国文化と中国人 - 恋する中国

在留期間の更新 - 中国結婚事情

HOME > 中国結婚事情 > ビザと在留資格 > 在留期間の更新

在留期間の更新



在留期間の更新 :: 恋する中国

在留資格「日本人の配偶者等」の場合、与えられる在留期間は1年又は3年である。
在留期間の満了日までに更新を終わらせなければならない。この更新の手続きを怠ると、例え日本人の配偶者であったとしても、不法滞在者となってしまう。

更新手続きは、在留期間の切れる日の約2か月前から可能である。申請をしてから、通常、1週間程度で入管からハガキが届く。入管から届いたハガキと、手数料の4,000円(収入印紙で納付)を入管に持参し、更新手続きは完了となる。なお、更新に要するに日数は状況に応じて異なるため、余裕を持って早目に手続きをしたほうがよい。

更新の手続きは、居住地を管轄する地方入国管理局に出向いて行う。
必要となる書類は以下の通り。

  1. 在留期間更新許可申請書…1通
  2. 日本人配偶者の戸籍謄本…1通
    ※申請人である中国人配偶者との婚姻事実の記載があるもの。
  3. 日本人配偶者の住民税の納税証明書(1年間の総収入、課税額及び納税額が記載されたもの)…1通
    ※ただし、納税証明書に総収入、課税額及び納税額の記載がない場合は、課税証明書及び納税証明書
    ※日本人配偶者が申請人の扶養を受けている場合等で提出できないときは、申請人の住民税の納税証明書(1年間の総収入、課税額及び納税額が記載されたもの)を提出。
  4. 身元保証書…1通
    ※身元保証人には、日本に居住する日本人配偶者がなる。
  5. 日本人配偶者の世帯全員の記載のある住民票の写し…1通
  6. 旅券…提示
  7. 外国人登録証明書…提示
    ※申請人本人が申請する際に必要となる。
  8. 身元保証人の印鑑
    ※提出前に身元保証書に押印した場合は不要。
  9. 身分を証する文書等…提示

※申請後に、当局における審査の過程において、上記以外の資料を求められる場合もある。

※申請人とは、在留資格の更新を行う中国人配偶者のこと。

※日本で発行される証明書等は全て、発行日から3か月以内のものを提出。

必要書類が間に合わない場合 anchor.png

とりあえず期間内に入管に出向いて申請をする。多く場合、必要書類は後日提出(郵送可)すれば、申請を受け付けてもらえる。

Page Top

期間が切れてしまった場合 anchor.png

急病や災害など、やむを得ない事情で在留期間が切れてしまった場合、その事実を証明する資料を入管に持参し、事情を説明する。「特別受理」で更新の申請が受け付けられる場合もある。
なお、うっかり期間が切れてしまったというような場合は、オーバーステイとして別の部門に回され、「在留特別許可」として審査されるようになっている。


HOME > 中国結婚事情 > ビザと在留資格 > 在留期間の更新

HOME > 中国結婚事情 > ビザと在留資格 > 在留期間の更新

中国結婚事情 - 在留期間の更新

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.