中国文化と中国人 - 恋する中国

子供の単独戸籍 - 中国結婚事情

HOME > 中国結婚事情 > 親子関係 > 子供の単独戸籍

子供の単独戸籍



子供の単独戸籍 :: 恋する中国

外国人と日本人が結婚しても、日本人配偶者の「氏」は変わらない。結婚前の氏を名乗ることになる。

外国人と日本人の夫婦の間の子供が日本で生まれたときは、子供は日本の国籍を取得する。そして日本人親の戸籍に入ることになる。
日本人夫婦の場合、戸籍は「夫婦、夫婦と氏が同じ子供」を単位としてつくられる。
一方、外国人と日本人の夫婦の場合は、「日本人配偶者、日本人配偶者と氏が同じ子供」を単位としてつくられる。
どちらの場合も「子供は日本人親と同じ戸籍に入る」わけだが、これは「日本人親と氏が同じ」であることが前提になっている。

子供の単独戸籍 anchor.png

何らかの理由で、子供に外国人親の姓を名乗らせたいとき、例えば、日本人配偶者の氏は変えないが、外国人親が、子供に自分の姓を名乗らせたいと強く望んでいるような場合である。
そのような場合には、子供の「氏の変更届」を行い、子供の氏を外国人親の姓に変更することができる。そのときには、子供は日本人親の戸籍から分かれて、子供だけの戸籍がつくられる。これが「単独戸籍」である。(戸籍法107条1項、4項)
この「氏の変更」を行うときは、家庭裁判所の許可が必要となる。裁判所の許可を得た後に、市区町村への「氏の変更」を届け出ることが可能になる。


HOME > 中国結婚事情 > 親子関係 > 子供の単独戸籍

HOME > 中国結婚事情 > 親子関係 > 子供の単独戸籍

中国結婚事情 - 子供の単独戸籍

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.