中国文化と中国人 - 恋する中国

離婚後の氏(姓) - 中国結婚事情

HOME > 中国結婚事情 > 離婚 > 離婚後の姓

離婚後の氏(姓)



離婚後の氏(姓) :: 恋する中国

外国人と離婚する場合、離婚によって自動的に日本人の氏が変わることはない。離婚に伴い、氏の変更を希望する場合には、別途手続きが必要となる。
その場合の氏の変更方法は、婚姻にあたって行った氏の変更方法によって異なる。

※結婚後の氏を参照

婚姻時の氏の変更を戸籍法107条1項の方法で行った場合 anchor.png

この場合は同様に同項によって氏を変更することができる。その場合、氏の変更について「やむを得ない事由」があること及び家庭裁判所の許可が必要である。

Page Top

婚姻時の氏の変更を戸籍法107条2項の方法で行った場合 anchor.png

この方法による氏の変更を行った者については、離婚後3か月以内に限り、家庭裁判所の許可を得ることなく、届出のみによって元の氏に復することができる(戸籍法107条3項)。
3か月経過後は、戸籍法107条1項により、「やむを得ない事由」がある場合に家庭裁判所の許可を得て氏の変更が認められる。
外国人と婚姻し、戸籍法107条2項の届出によって外国人の氏に変更した者が離婚した後、更に外国人と再婚して同項による届出の方法で氏の変更をした場合に、再度離婚して同条3項の届出によって戻れる氏は、最初の婚姻によって変更した後の氏になる。最初の婚姻前の氏に戻るためには、同条1項の裁判所の許可による変更が必要となる。
氏変更許可の審判の申立は、申立人の住所地の家庭裁判所で行うことができる。


HOME > 中国結婚事情 > 離婚 > 離婚後の姓

HOME > 中国結婚事情 > 離婚 > 離婚後の姓

中国結婚事情 - 離婚後の氏(姓)

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.