中国文化と中国人 - 恋する中国

メンタル - 中国結婚事情


メンタル



メンタル :: 恋する中国

中国人配偶者がホームシックになったり、鬱(うつ)状態になったりすることはよくあることで、異常なことではない。しかし、不眠が長く続くときなどは、クリニックなどに行って薬をもらうとよい。

状態 anchor.png

来日直後は「ハイ」な状態で、毎日が忙しく過ぎていくが、しばらくして落ち着いてくると、ホームシックになることが多い。
現在は、インターネットの普及と進歩により、ネットを開けば、中国の新聞は読めるし、中国のテレビを見ることもできる。また、ウェブカメラなどを使えば、家族の顔を見ながら話しもできる。
そういった意味では、昔に比べ「孤立感」という意味では随分と改善している。とはいえ、外に出れば知らない人ばかり。言葉は意外と分からないし、書類を一つ書くにも何時間もかかる。次第に疲れてきて、気分もヘコむ…というわけである。
また、疲労がたまり、よく眠れず、慣れない食べ物で胃腸の調子も悪い、となれば、徐々に気分が滅入ってくる。話す相手がいないと、ますます気分が落ち込む。このような状態は基本的には徐々に改善していく。
しかし、時間がたっても改善しないものもある。それは「うつ病」だ。これは病院に行き、薬による治療が必要だ。そして、十分な休養を取ることが大切である。
異文化のなかでは気分が目まぐるしく変化し、また、自分の気持ちを正確に捉えることができない。それが当然なのだ。慣れ親しんだ環境を離れることは、ある意味大きなチャレンジであり、強いストレスがかかる経験だ。

Page Top

季節性のもの anchor.png

異文化適応に関する報告などでは、季節性の気分の変動がよく話題に出る。カルチャーショックは人々や文化の問題だけではなく、自然環境の問題でもある。

Page Top

どの様な症状か? anchor.png

「11月うつ」(November Depression)という言葉がある。11月になると日も短くなってきて、すぐに夜になってしまうし、葉がハラハラと落ちてきたりする。なんとなく憂うつな気分になってくる。
日本で最初の冬、落ち葉を見たり、雪が降るのを見ていると、何となく「これでいいのか。日本に来たのは正解だったのか」と内省的な気分になってくる。雪が積もる地方であれば、雪の中に閉じ込められたような気分になる。
次には「正月うつ」が来る。「自分の国にいたら家族や友達に囲まれて楽しい正月を過ごしているのに、自分は異国に一人でいる」という感じをひしひしと感じる。中国は旧正月を祝うため、その時期に来る。
その後、春がもうすぐ来るという段階になって、ほっとしてくる。しかし、危機が去ったかというと、そうでもない。日本では古来、春先を「木の芽時」と呼んでいるが、調子を崩しやすい時期だ。

Page Top

どう対処するか anchor.png

四季がはっきりしている日本では、季節によって体調が変化するのは当然のことである。秋になって不調になるのは自分だけではない、ということをきちんと教える。
人間は意外と外界の日照時間や温度に左右されて生きている。「季節性うつ病」という病気まであるくらいで、秋の季節は不調なのだ。こういう時期なんだと思うと、少し安心できる。
できるだけ部屋の中を暖かくして明るくし、布団もいいものを用意する。日本の寒くて長い冬を、どうすれば楽しく過ごすことができるかは、日本人配偶者が一番よく知っている。

Page Top

精神科で薬をもらう anchor.png

日本文化や人間関係には徐々に慣れていくが、常にどこか緊張しているものだ。そのときに何か大きな問題(ストレス)が起きれば、眠れないなどの症状が出ても当然だ。
緊張状態が続くようなら、精神科で薬をもらったほうがよい。アルコールなどと比べてずっと安全である。その際、「病院に行ったほうがいい」と言うと、「自分は病気ではない」という心理的な抵抗が強く出る場合もあるため、「不眠症が続くと、気分や体調はもっと悪くなるから、眠れる薬をもらいに行こう」というような形で誘う。「病院に行って診察を受ける」のではなく、「眠れる薬をもらいに行く」ということを強調する。
精神科というと、以前は暗いイメージがあったと思うが、今はすっかり変わってきている。特に、街中にあるクリニック(入院施設をもたない病院)は、きれいで落ち着ける雰囲気だ。医師も看護師もきちんと時間をかけて話を聞いてくれる。仕事の帰りに診察に立ち寄るサラリーマンなどがたくさんいて、他の病院と変わりない。




中国結婚事情 - メンタル

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.