中国文化と中国人 - 恋する中国

親迎 - 花嫁を迎える儀式 - 中国結婚事情

HOME > 中国結婚事情 > 中国の伝統的な結婚 > 親迎 - 花嫁を迎える儀式

親迎 - 花嫁を迎える儀式



親迎 - 花嫁を迎える儀式 :: 恋する中国

新郎は新しい衣をまとって新しい靴をはき、上半身には紅色の帯をたすきがけにして胸の前に赤い花を飾り(十字被紅)、馬に乗ってを花轎を引率し、新婦家に迎えにやってくる。原則として、花嫁が歩いて新郎の家に入るという習慣は存在しない。
新婦の家に花轎が迎えに来ると音楽が演奏され、爆竹が鳴らされる。ここで、中国では新婦の父親が娘の花嫁を背負って花轎に乗せる、あるいは新婦は紅色刺繍の靴の上から父親の靴をはいて、そのまま歩いて花轎に乗り、乗った後に父親の靴を脱ぐという習慣がある。
迎えの花轎は新郎が引率してくる。新郎が新婦の実家の門をくぐると真っ先に新婦の両親にお辞儀し、「父母」と呼んで挨拶しなければならない。このとき、新婦の母親は「改口礼」と呼ばれる紅包(結婚の祝儀)を新郎に手渡し、茶で新郎をもてなす。その後、新郎は新婦を花轎に乗せて自分の家へと連れて帰るのである。
新婦が花轎に乗ると、一行は道中で笛を吹き、銅鑼を鳴らし、爆竹を鳴らしながら行進していく。花轎が新郎の家に到着すると、門前で爆竹が三発鳴らされ、出迎えの賓客や見物の子供達が一斉に花轎の周囲に集まる。ここで花嫁が花轎を降りる。
花嫁が花轎から降りるときには盛大に爆竹を鳴らして邪気を追い払い、幸運を招来する習慣があり、盛大な爆竹の音は同時に喜びの熱気の雰囲気を盛り立ててくれる。この瞬間が中国における結婚式のクライマックスといっても良いだろう。


HOME > 中国結婚事情 > 中国の伝統的な結婚 > 親迎 - 花嫁を迎える儀式

HOME > 中国結婚事情 > 中国の伝統的な結婚 > 親迎 - 花嫁を迎える儀式

中国結婚事情 - 親迎 - 花嫁を迎える儀式

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.