中国文化と中国人 - 恋する中国

反対送致…18歳の中国人でも結婚できる - 中国結婚事情


反対送致…18歳の中国人でも結婚できる



反対送致…18歳の中国人でも結婚できる :: 恋する中国

法律上、結婚することのできる年齢を「結婚適齢」という。日本は男性18歳、女性16歳である。
また、成人の年齢は20歳である。これらの年齢は、民法で決められている。
この結婚適齢と成人の年齢は、世界共通ではない。国や地域によって異なる。

日本では、未成年者の結婚には父母の同意が必要となる。20歳以上の男女であれば、お互いの合意があれば結婚できる。

しかし、中国の法律では、結婚適齢が男性22歳、女性20歳と、日本に比べて高くなっている。
日本では18歳の男女が結婚することもできるが、中国では、18歳の中国人は結婚できない。

しかし、中国の民法通則では「国外に定住する中国人の民事行為能力は定住国の法律を適用する」「中国人と外国人の婚姻には、婚姻を挙行した国の法律を適用する」とされている。
つまり、中国国外に住む中国人の結婚は、結婚を行った国の法律(この場合は日本の民法)を適用することになる。
これは「反致」(はんち)と呼ばれる取扱いである。「反致」とは日常生活では使われない言葉だが、「反対送致」の略で、「元に送り返す」という意味である。原則に対して例外的な取扱いとなる。
この結果、日本に住む中国人は、日本の民法で定められている結婚の要件を満たしていれば結婚することができる。
つまり、日本在住の中国人であれば、18歳の男の子でも、16歳の女の子でも結婚できることになる。




中国結婚事情 - 反対送致…18歳の中国人でも結婚できる

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.