中国文化と中国人 - 恋する中国

在日中国人と日本人の結婚 - 中国結婚事情

HOME > 中国結婚事情 > 国際結婚の手続き > 在日中国人と日本人の結婚

在日中国人と日本人の結婚



在日中国人と日本人の結婚 :: 恋する中国

在日中国人と日本人が結婚する場合、中国、あるいは第三国に在住している中国人と結婚するときとでは若干異なる部分がある。

日本の法律が適用される anchor.png

中国の法律では、男性は22歳以上、女性は20歳以上と婚姻年齢が定められているが、同じく中国の法律で、中国国外に在留する中国人は、その国の法律にしたがって結婚できると定められている。そのため、日本に在留している中国人の場合、日本の法律が適用されることになるため、男性は18歳以上、女性は16歳以上で結婚できることになる。(反対送致)

Page Top

ビザ anchor.png

中国人が日本に入国するためには「ビザ」が必用となるが、在日中国人の場合、すでに日本国内にいるため、新規にビザを取得する必用はない。

※ビザと在留資格の違いを参照

Page Top

在留資格の種類 anchor.png

在日中国人と結婚した場合、不法滞在でもない限りは在留資格を持って在留しているため、新たに在留資格認定証明書の申請手続きをする必用はない。在留資格は、現在の在留資格のままでもよいし、「日本人の配偶者等」という種類の在留資格へ変更することもできる。「日本人の配偶者等」への在留資格の変更は強制ではなく、変更するかどうかは本人の意思で決定できる。
在留資格が「永住者」などである場合、「日本人の配偶者等」に変更する意味は全くないが、留学生や就労系の在留資格(技術や人文知識・国際業務など)の場合であれば、「日本人の配偶者等」に変更したほうが断然有利である。なぜなら、「日本人の配偶者等」という在留資格は、就労に関する制限がないため、留学生のようにアルバイトの職種や時間を制限されることもなく、社会人であれば、在留資格に縛られることなく転職も自由にできるようになる。また、永住の在留資格に変更するときなども、日本人の配偶者のほうが基準は緩やかになっている。
前述した通り、変更は本人の自由なので、変更するかどうかは本人が考えて決定すればよい。また、変更する時期も自由であり、婚姻から何日以内に変更しなければならないといった規定もない。変更する場合は、現在の在留資格の期限満了日前に変更を終えれば問題ない(現在の在留資格を変更せず、そのまま更新してもよい)。もちろん、在留資格を変更してもしなくても、今現在の活動(留学や就労)には何の影響もない。



HOME > 中国結婚事情 > 国際結婚の手続き > 在日中国人と日本人の結婚

HOME > 中国結婚事情 > 国際結婚の手続き > 在日中国人と日本人の結婚

中国結婚事情 - 在日中国人と日本人の結婚

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.