中国文化と中国人 - 恋する中国

中国での手続き - 中国結婚事情

HOME > 中国結婚事情 > 国際結婚の手続き > 中国での手続き

中国での手続き



中国での手続き :: 恋する中国

本来、婚姻手続きの順序は、日本と中国のどちらが先でも法律上問題になることはないが、日本側の手続きを先に行った場合、中国側の結婚登記の際に届けを受け付けてもらえなくなることがある。

中国側へ婚姻届をしようとする場合、婚姻登記機関から「独身証明」を要求される。日本側への婚姻手続きをまだ行っていない場合は、日本政府発行の「独身証明」を取得することが可能だが、既に日本で婚姻手続きが済んでいる場合は、日本政府は「独身証明」を発行することは出来ない。
一方、中国の末端機関では、たとえ婚姻相手が同一人物であっても、「独身証明を出せないのなら、独身とはみなされない」として、手続きが進まないケースも散見される。

しかし、日本国内で先に婚姻手続きをした場合であっても、中華人民共和国民法通則147条が規定され、中国国内でも有効な婚姻と認められる。したがって、当事者は中国国内で改めて婚姻登記又は承認手続きを行う必要はない。ただし、中国人の戸籍簿(居民戸口簿)の婚姻状況欄を「既婚」に変更する手続きを行う必要がある。その為には、日本国内で結婚したという証明である「婚姻受理証明」を日本で婚姻届を提出した市区町村役場から入手し、外務省及び駐日中国大使館(又は各駐日総領事館)でそれぞれ認証を得た「婚姻受理証明」を、中国人の戸籍所在地の派出所に提出する。その際、日本語から中国語への翻訳文も求められる可能性があるため、あらかじめ翻訳文も作成しておいたほうがよい。

なお、日本駐在の中国大使館で結婚登記をした者は、結婚証の正本(オリジナル)と複製(コピー)の内容が同一である証明もしくは結婚公証書が発行される。


HOME > 中国結婚事情 > 国際結婚の手続き > 中国での手続き

HOME > 中国結婚事情 > 国際結婚の手続き > 中国での手続き

中国結婚事情 - 中国での手続き

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.