中国文化と中国人 - 恋する中国

上陸拒否(入国拒否) - 中国結婚事情


上陸拒否(入国拒否)



上陸拒否(入国拒否) :: 恋する中国

上陸拒否とは、日本国内の公序良俗、公衆衛生、公の秩序、治安などを害するおそれのある外国人を、入管法に基づき、日本への入国・上陸を拒否することである。
上陸拒否の事由に該当する外国人は、正当な旅券(パスポート)や査証(ビザ)を所持していても、日本に入国・上陸することはできない。

国が、その国家にとって好ましくないと考える外国人の入国を禁止したり、適切と認める条件を備えた外国人のみの入国を認めることは、国際法上確立された原則である、と考えられている。
日本の場合、入管法5条で、外国人の上陸の拒否の事由を定めている。この入管法5条に基づき、国内の公序良俗、公衆衛生、公の秩序、治安などを害するおそれのある外国人の上陸は拒否される。

日本人の配偶者等の在留資格を持って日本に入国しようとする中国人配偶者が、日本への入国を拒否されるとすれば、下記にあげた1がもっとも多いかと思われる。

入国・上陸拒否の事由 anchor.png

外国人の日本への入国・上陸を拒否する主な事由は以下のとおりである。

  1. 法に定める感染症の患者等
  2. 貧困者、放浪者等で生活上、国や地方公共団体の負担となるおそれのある者
  3. 日本や日本以外の国で、1年以上の懲役、または禁固に処せられたことのある者(政治犯は除く)
  4. 麻薬、覚醒剤などの取締りに関する法令に違反して、処罰を受けたことのある者
  5. 日本で行われる国際競技会などで、その円滑な実施を妨げる目的をもって、人に暴行を加え、脅迫し、建造物その他の物を破壊するおそれのある者(いわゆるフーリガンなど)
  6. 麻薬、覚醒剤などを不法に所持する者
  7. 売春に直接関係ある業務に従事した者
  8. 鉄砲、火薬を不法に所持する者
  9. 日本から退去を強制された者で、退去した日から5年(または10年)を経過していない者(出国命令を受けて出国した者については1年)
  10. 日本国の憲法、秩序を乱す目的を有する者
  11. その他、日本の利益または公安を害する行為のおそれのある者
Page Top

上陸拒否期間 anchor.png

退去強制や出国命令制度によって、日本を出国した外国人は、一定期間、日本への上陸が禁止される。
上陸が禁止される期間は「上陸拒否期間」と呼ばれる。

上陸拒否期間
過去に退去強制歴等のある者10年
過去に退去強制歴等がない場合で、当局の摘発等により退去強制にされた者5年
出国命令により出国した者1年



中国結婚事情 - 上陸拒否(入国拒否)

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.