中国文化と中国人 - 恋する中国

漢語とは - 中国語入門

HOME > 中国語入門 > 基礎知識 > 漢語

漢語とは



漢語とは、中国語の別名である。中国では主に中文と呼ぶ。
中国は多民族・多言語国家であり、「中国の言語」という点で、少数民族の言語も「中国語」といえなくもないことから、「漢族の言語」という意味で、普通話を漢語と呼ぶことがある。これは学術的な方面でよく使われる。また華語、中國話などと言う呼び方もある。ちなみに中国語で文字のある言語を文といい(例:ドイツ語→德文)、明確に定めた文字のない言語、方言あるいはある言語の口語・会話のことを指すときには話という(例:客家話)。また、語は前述の両方に使われる(例:閩南語、日語)。

日本語における漢語(かんご)とは、語種のうち中国の漢字文明から漢字の字音を直接的に、あるいは間接的に借用することによって発生した語彙体系である。漢字の音読みと対応する語彙体系であるので字音語と称することもある。固有語である「和語」、漢語以外の借用語である「外来語(洋語)」と対立する概念である。

漢語の原義は「漢民族の言語」であり、本来は漢民族が母語である中国語を自称する際の用語なのだが、日本においては国語として定着した中国由来の語彙体系を「漢語」と総称することが多い。また、漢字の字音は複合の自由度が高く、日本で独自に造語されたいわゆる「和製漢語」も多い。

日本語以外でも、朝鮮語、ベトナム語などの言語は同様の語彙体系を有している。これら言語が有する中国由来の語彙体系をまとめて「漢語系語彙(Sinoxenic vocabulary)」と呼ぶことがある。


HOME > 中国語入門 > 基礎知識 > 漢語

HOME > 中国語入門 > 基礎知識 > 漢語

中国語入門 - 漢語とは

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.