中国文化と中国人 - 恋する中国

中国語の表記 - 中国語入門

HOME > 中国語入門 > 基礎知識 > 中国語の表記

中国語の表記



中国語の共通文字体系である漢字の歴史は古い。漢字は中国独自の文字で、ラテン文字などのアルファベットと異なり、音節文字であり、表意文字である。漢字は大変大量かつ複雑な容姿をした部品を用い、かつ不規則な読み方をし、異体字や類義の字も多いため、習得に長期間を有し、経済的にも効率が悪いといった趣旨の意見など否定的な見解もあり、ラテン文字などに移行すべきという意見がある。実際に、韓国・朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮語)ではハングルに、ベトナム(語)でもラテン文字を基本とした表記に移行し、漢字が廃止された。ドンガン語もキリル文字で表記されている。日本では1949年に「当用漢字字体表」が告示され、新字体を使用し、用字も整理して、漢字の簡略化が行われた。

中国本土でも1956年に、少しでも学習の負担を減らすべく、字画が少なく、読みや構成にも統一性を高めた簡体字が導入され、中国全土で使用されることが中央政府によって義務化されている。シンガポールも中国語(華語)の表記には簡体字を用いるが、中華民国(台湾)、香港、マカオでは康煕字典の字体にほぼ準じた繁体字(正体字)が使われている。香港、マカオでは返還後、普通話の表記には簡体字が用いられることが徐々に増えている。台湾では、中国大陸との商業交流のために、簡体字も普及されている。また、中国本土では1956年に標準語政策の一環としてローマ字表記(ピンイン)も考案され、国連やISOなどの国際機関でも中国語を表記する際には、このピンインが用いられることになっている。また、ピンインの開発は、外国人(特に欧米人)による中国語学習促進にも一役を買った。中華民国では注音符号と呼ばれる発音記号を用いて、漢字の読みを示しており、ローマ字による転記も中国本土とは異なっていたが、ピンインの使用が一般化しつつある。


HOME > 中国語入門 > 基礎知識 > 中国語の表記

HOME > 中国語入門 > 基礎知識 > 中国語の表記

中国語入門 - 中国語の表記

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.