中国文化と中国人 - 恋する中国

日本語の漢字音 - 中国語入門

HOME > 中国語入門 > 基礎知識 > 日本語の漢字音

日本語の漢字音



漢字は音声と意味を持っている。日本語では漢字を音で読むのを音読み、漢字の意味で読むものを訓読みと呼んでいる。
漢字は中国から伝わった文字であるため、音読みは中国語の音を読むということになるが、漢字が伝わってきた時代により音が異なるため、現在の中国語音とは必ずしも一致しない。

例えば、「行」の音読みは3つあるが、その音の時代と地域は以下のとおりである。

  1. ギョウ(行列)…呉音(飛鳥時代の蘇州地方の方言)
  2. コウ(行進)…漢音(奈良・平安時代の西安地方の方言)
  3. アン(行灯)…唐宋音(鎌倉時代以降の江南地方の方言)

ちなみに、現在の福建省あたりの地域では、「日本」を「ニーポン」と発音する。「日本人」は「ニーポンヤン」となる。

このことからも、日本語の漢字音は、中国の色々な地域の音が混在したものであることが分かる。

日本の漢字は、中国の色々な時代と色々な地域の漢字が混在し、さらに日本で生まれた国字も加わるため、漢字の本場である中国から見ても、まさに漢字の博物館なのである。


HOME > 中国語入門 > 基礎知識 > 日本語の漢字音

HOME > 中国語入門 > 基礎知識 > 日本語の漢字音

中国語入門 - 日本語の漢字音

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.