中国文化と中国人 - 恋する中国

ビジネス中国語検定試験(BCT) - 中国語入門

HOME > 中国語入門 > 資格 > ビジネス中国語検定試験

ビジネス中国語検定試験(BCT)



ビジネス中国語検定試験(BCT)(Business Chinese Test)とは、は中国語を母国語としない人がビジネス活動をする上での中国語レベルを測定するために作られた試験である。中国政府に属する国家漢語国際推進グループ(国家漢弁)が北京大学に委託して開発した。中国政府が実施するHSK、YCTと並ぶ国際標準中国語試験であり、BCTは「中国語のTOEIC」と呼ばれている。ビジネス中国語検定は、ビジネスに関係する幅広い場面や日常生活、コミュニケーションで必要な中国語能力を測定するものである。シンガポール、アメリカ、韓国、オーストラリア、欧州各国、アジア各国など世界の主要な国や中国国内でも実施している。日本では、2007年から実施している。


BCTの受験対象 anchor.png

BCTは、母国語が中国語ではない方々を受験対象としている。

Page Top

試験の用途 anchor.png

BCTは、ビジネスに従事する方々の中国語のレベルを評価する必要のある全世界の各種機関及び個人に、検定試験の基準を提供する試験である。その主な用途には下記の通り。

  1. ビジネス組織における採用、選抜、昇給などの人事面での決定に際して、関係者のビジネス中国語レベルを評価するコンテンツを提供する。
  2. 各種の教育関連機関における、学生募集、クラス分けの決定に際して、学生のビジネス中国語レベルを評価するコンテンツを提供する。
  3. 中国語の学習者が、自分のビジネス中国語レベルを評価し、一層レベルアップするためのコンテンツを提供する。
  4. 各種の語学教育機関、養成期間での教育・トレーニング効果を上げるコンテンツを提供する。
Page Top

等級分けの基準 anchor.png

BCTはその内容により、以下の5つのレベルに区分される。

  • 1級 中国語を用いてビジネスに従事する能力がまだ備わっていない。
  • 2級 ビジネスにおいて簡単な中国語を用いて、限られたコミュニケーションを行うことができる。
  • 3級 かなり効果的に中国語を用いてビジネスに従事することができる。
  • 4級 かなり上手に中国語を用いてビジネスに従事することができる。
  • 5級 かなり流暢に、適切に中国語を用いてビジネスに従事することができる。
Page Top

試験の成績及び証書 anchor.png

BCTは、1.「ヒアリング」と「読解」、2.「会話」と「作文」の二部分から成り立っている。受験者は、1と2のどちらかを選択して受験するか、あるいは1と2を同時に選択して受験することも可能である。

1.「ヒアリング」と「読解」の等級および採点については下表の通り。
「ヒアリング」と「読解」の各項目の得点範囲は0~500点であり、各等級ごとに100点きざみである。
「ヒアリング」と「読解」の総得点数の範囲は0~1000点であり、各等級ごとに200点きざみとなる。

等級ヒアリング・読解の各点数総得点
10~1000~200
2101~200201~400
3201~300401~600
4301~400601~800
5401~500801~1000

2.「会話」と「作文」の等級および採点については下表の通りです。「会話」と「作文」の各項目の得点範囲は0~500点であり、各等級ごとに100点きざみです。「会話」と「作文」の総得点数の範囲は0~1000点であり、各等級ごとには200点きざみとなります。

等級会話・作文の各点数総得点
10~1000~200
2101~200201~400
3201~300401~600
4301~400601~800
5401~500801~1000

1.「ヒアリング」と「読解」あるいは、2.会話」と「作文」を受験した者には、受験成績書が送付される。

「ヒアリング」と「読解」の総得点で201~400点を取った者には2級の「BCT(ヒアリング及び読解)」証書が交付される。同様に、3級、4級、5級に合格するには、それぞれの得点が必要となる。

「会話」と「作文」の総得点201~400点を取った者には2級の「BCT(会話と作文)」証書が交付される。同様に3級、4級、5級に合格するには、それぞれの得点が必要となる。

尚、BCTは1級の中国語能力証明書を設けていない。
試験成績の有効期間は、試験日から起算して、2年間となる。

Page Top

BCTの等級基準 anchor.png

BCTの等級基準は出題及び採点の重要な根拠となっている。「BCTの等級基準」の中には下記の四項目が含まれている。即ち、等級評価基準、言語スキル、文法知識、ビジネス事務である。

「等級評価基準」とは、ビジネスにおける中国語コミュニケーション能力を、等級1級から等級5級までの基準で総合的に示している。

「言語スキル」では、中国語を用いた表現能力を、等級1級から等級5級までの基準で示している。

「文法知識」には、文法が言語スキルの基礎能力であるため、「文法」、「語彙」、「文体」等の理解度の基準が含まれている。

「ビジネス実務」には、中国語を用いてビジネスに従事する際の、応用能力の具体例を示している。各レベルのすべての例を含んでいるわけではない。

※ 表中の「文法知識」と「ビジネス実務」欄について、上位レベルは下位レベルを網羅している。

※ 当検定試験は、中国語を用いて最低限の日常的コミュニケーションが行える受験者を対象とする試験であるため、当レベルより低い方の検定は対象外としている。

BCTの等級基準
等級評価基準言語スキル文法知識ビジネス実務
1級中国語を用いてビジネスに従事する能力がまだ弱い。日常生活の中で最も基本的な応答ができると同時に、自分からも簡単な問合せをすることができる。最も基礎的な文法を多少使用することができる。
覚えている単語の量はまだ少ない。
最も常用のビジネス単語も身につけてない。
中国語の聞き取りと会話にはまだその語感に慣れていない状態である。
簡単な挨拶および感謝の言葉を話せる。
簡単な願い事を話せる。
簡単な漢字の標識を識別することができる。
2級ビジネスにおいて、簡単な中国語を用いて、限られたコミュニケーションを行うことができる。問合せをすることができる。
自分に関する紹介をすることができる。
自分の考え、希望を言える。
肯定的な答え方と疑問を言うことができる。
自分の考えおよび不満を伝えられる。他人にお詫びを言うことができる。
他人の謝罪を聞いて、理解することができる。
相手をお招きするメッセージを発することができる。
相手方からのお招きを受けられる。
お断りすることもできる。
基本的な文法知識がわかる。
ある程度の単語量を有する。少量の最も常用のビジネス用語を使用することができる。
正式な場合における一般的な言い方とインフォーマルな場合における言い方の区別をつけられる。
場合によりインフォーマルな言い方を使用することができる。
道を尋ねるとともに、道を教えられる。
普通の買物。
チケット関係の予約、宿泊の予約。
手紙受け取り後の返信。
簡単な伝言メモを書ける。
お客さまへの応対
求職及び応募
3級かなり効果的に中国語を用いてビジネスに従事することができる。物事の状況を説明することができる。
物事の経過を述べることができる。
正確に物事の比較をすることができる。
疑問点を説明することができるとともに、勘違いを訂正することもできる。
多くの言い方で謝意、賛同、提案、受け入れ、お断りを表すことができる。
中国語の文法知識を比較的よく身につけている。
一般用語を覚えている上に、一定の常用のビジネス語彙を使用することができる。
基本的に正式な場合における一般的な言い方とインフォーマルな場合における言い方の区別をつけられるとともに、予測可能な場面において、正式な言い方を使用することができる。
人物の描写、品物の外観及び特徴を言える。
世間の話題について話し合える。
電話で簡単なことを話せる。
ビジネス文書及び電子メールを書ける。
会議の進行次第を計画することができる。
製品の性能及び生産過程について質問することができる。
類似品との比較状況が言える。
4級かなり上手に中国語を用いてビジネスに従事することができる。自分の考えを表現できる。
または相手方の考えを打診できる。
詳しく物事の事由を述べることができる。
妥協の表現が言える。
物事に対して評価する表現ができる。
複雑な中国語文法の知識を身につけている。
普通の語彙を覚えた上で、相当の量のビジネス用語を記憶している。
正式な場合における一般的な言い方とインフォーマルな場合における言い方の区別をつけられるとともに、正式な言い方を使用することができる。
ビジネス中国語の情報を読むことができる。
マスコミ放送の内容及び討論の焦点を理解し、聴き取ることができる。
ビジネス商談の場で自分の考え方を述べることができる。
ビジネス会議の内容をメモに取ることができる。
応募者の面接を行うことができる。
仕事に関する報告書を書くことができる。
5級かなり流暢で、適切に中国語を用いてビジネスに従事することができる。各方面の意見を分析、まとめをすることができる。
適当な言葉で同僚、部下、上司の行動を讃え褒めるとともに、アドバイスや助言もできる。
適当な言葉で相手を説得することができる。
詳細に物事の可能性及び不可能性を述べることができる。
複雑な中国語文法の知識を身につけると同時に、正確かつその場に応じたふさわしい表現をすることができる。
普通の語彙を覚えた上で、相当量のビジネス用語を熟練して用いることができる。
各種類の語彙体型の機能及びそのニュアンスを理解すると同時に正確に用いることもできる。
個人、集団交際関係及び世間の複雑且つ微妙な問題を議論することができる。
争点となっている問題についてと討論することができる。
ビジネス文書を読み取ることができる。
正式な講演を行うことができる。
市場状況、トレンド及び結果を述べることができる。

Page Top

BCTの出題形式 anchor.png

BCTの出題形式は1.「ヒアリング」と「読解」、2.「会話」と「作文」から構成されている。

1.「ヒアリング」と「読解」
BCTの出題形式1には、「ヒアリング」と「読解」という2項目があり、各項目の問題数及び解答時間は下記の通りである。
試験項目問題数解答時間
ヒアリング問題50問40分
読解問題50問60分
合計100問100分

ヒアリング
ヒアリング問題用紙は、4つの部分から構成されている。出題形式、問題数及び割合は下記の通り。
出題形式問題数割合(%)
1、選択問題12問24%
2、選択問題20問40%
3、選択問題10問20%
4、穴埋め問題8問16%

  • 第一部分(12問)は3選択問題。12の短文を聞いた後に、A、B、Cから適当な解答を選ぶ。答案用紙には問題と解答を印刷していないので、受験者は適当な解答を選んで、答案用紙に書く。各問ごとに、7秒間の解答時間が設定されている。
  • 第二部分(20問)は4選択問題。20問の会話或いはスピーチを聞いた後、A、B、C、Dから適当な解答を選ぶ。答案用紙には問題と解答が印刷されてあるので、受験者は適当な解答(絵か文字)を選び、答案用紙に書く。受験者はまず設問(録音)を聞く。続いて会話あるいはスピーチを聞きながら、解答を選ぶ。各問ごとに、10秒~15秒間の解答時間が設定されている。
  • 第三部分(10問)は4選択問題。やや長めの三つの会話あるいはスピーチが流される。それぞれに幾つかの問題が出されるが、問題および解答A、B、C、Dが解答用紙に印刷してある。受験者はまず設問(録音)を聞きます。続いて解答を選ぶ。各問ごとに、30秒~40秒間の解答時間が設定されている。
  • 第四部分(8問)は穴埋め問題。問題用紙には幾つかの短い文章を印刷されている。文章の中には穴埋め用の空欄(空欄のところには問題の番号)がある。受験者は会話あるいはスピーチを聞きながら、空欄のところには問題の解答番号か文字を書く。各問ごとに、30秒~40秒間の解答時間が設定されている。

ヒアリング問題は1回のみ流される。
ヒアリング問題は、受験者が録音問題からいかに関係情報をつかむかという能力を測ることに重点を置いている。その具体的な能力は下記の通りである。

  • 標準語での普通の速度の会話あるいはスピーチを聴き取る能力。自然のスピードで、問題(録音)を流しており、170~260字/毎分。
  • 問題の内容は、ビジネスおよびビジネスに関係する日常業務範囲内とされる。問題内容となっている題目および口調から会話の言語環境および話し手の身分、立場を推測する受験者の言語能力を測る。
  • ビジネスで常用される言語習慣を理解し、話し手の真意を把握する能力を測る。
  • 話の要点およびポイントを聴き取ると同時に、記録を取ることもできる能力を測る。
読 解
読解問題は、4つの部分から構成されている。出題形式、問題の数及び割合は下表の通り。
出題形式問題数割合(%)
1、選択問題22問44%
2、選択問題12問24%
3、選択問題10問20%
4、設問解答式6問12%

  • 第一部分(22問)は選択問題。問題用紙に幾つかの短文があり、内容はビジネスおよびビジネス業務に関係するもの。題材、短文の長さ、難易度がそれぞれ異なっている。内容の例:掲示板、メモ帳、携帯メール、電子メール、ファックス、ビジネスレター、広告、告示、通知書、図表、伝票、製品説明書、新聞記事、ビジネス文書、ビジネス専用ホームページ等に及んでいる。短文の後に、幾つかの設問がある。受験者はA、B、C、Dから適当な解答を選び、その番号を書く。
    読解問題は受験者の文章理解の能力を測ることに重点を置いている。その具体的な内容は下記の通りである。
    1. 具体的な文字情報から役に立つ情報をつかんで、目的を達成する能力
    2. ビジネス分野で常用される図表の意味を正確に把握し、中国語文章の表現法を理解する能力
    3. 読解文の要点を理解し、細部を把握する能力
    4. 読解文を読んだ上、物事を推測する能力
    5. 読解文の作者の考えおよび意図を理解する能力
  • 第二部分(12問)は4選択問題。適当な言葉を選んで、穴埋めする問題である。問題用紙にはビジネス文書あるいは社会生活に関係する二つの文章が印刷してあり、幾つかの穴埋め用の空欄がある。受験者はA、B、C、Dから文章と関わりのある最も適当な解答を選び、その番号を書く。
    この12問の問題は受験者の文章理解の総合能力を測るための設問。文章全体を理解した上で、類義語の識別能力、中国語の常用文法の構成に慣れることに重点が置かれている。
  • 第三部分(10問)は4選択問題。設問および選択用解答のA、B、C、Dが問題用紙に印刷してある。受験者は文章を通読した上、設問と最も密接な関係のある解答を選んで、答案用紙に書く。
    この8問の問題は受験者が文章から関係情報を見い出した上で、情報の比較および読解の能力を測るためのものである。
  • 第四部分(6問)は設問に答える問題。6つの問題と比較的長い文章が印刷されてある。受験者は文章を通読した上、解答する。但し、解答の字数は1文字~10文字までとなる。問題用文章は契約書、法律・法規・条例、ケーススタディ、会社紹介、経済界の人物紹介等に及んでおり、主に新聞、雑誌、書籍およびインターネットから選び出したビジネス分野の文章である。
    この6問の問題は受験者が文章から有用な情報をスピーディに探し出す能力を測るためのものである。その具体的な能力は下記の通り。
    1. 迅速に必要情報を把握する能力。
    2. 最も簡潔な文で答えを書く能力。
2.「会話」、「作文」
BCT出題形式2には、「会話」と「作文」という2項目が含まれており、各項目の問題数及び解答時間は下記の通りである。
会話
試験項目問題数解答時間
会話問題2問10分
作文問題2問40分
合計4問50分

会話問題には2種類の課題がある。1題目の準備時間は1分30秒であり、問題(録音)を流す時間は1分間。2題目の準備時間は2分30秒であり、問題(録音)を流す時間は2分間(録音問題の解説時間と試験時間とあわせて10分間)。
会話問題は録音テープを聴く方式を取っているが、具体的な流れは下記の通りである。

  1. 受験生は問題用紙を見ながら録音を聞く。
  2. テープの中には、幾つかの話題について、録音がされている。それを聞いて問題に適切な答えを解答(音声録音)していく。
  3. 問題ごとに説明および答え方に関して解説がされる。
  4. 受験生が準備を整える。
  5. 準備ができたら、問題と関係のある一区切りの録音問題が流される。受験生はそれを聞いたあと、解答(音声録音)していく。
  6. 録音問題が終了する10秒~15秒前に、電子音が聞こえるので、受験生は会話問題を終了させる。

会話試験は、ビジネスあるいはコミュニケーションを行う上で必要な中国語会話能力を測るためのものである。
その具体的な能力は下記の通りである。

  1. 口頭表現によって、与えられた任務を遂行する能力。
  2. 正確に、流暢かつ適切に表現する能力。
作文
作文問題にはビジネスあるいはビジネスコミュニケーションに関係する問題が2問ある。問題は文章あるいは図表で出題され、受験生は作文によって解答する。作文は手紙か短い説明文、あるいは評論文という文体が主体である。字数については、1題目は80字~120字とし、2題目は250字以上とされる。
字体については、漢字(繁体字使用は可)で書く。漢字の1文字と句点は1マスを使用する。

作文試験は、ビジネスあるいはコミュニケーションを行う上で必要な中国語を用い、書面によって中国語を表現する能力を測るためのものである。
その具体的な能力は下記の通りである。

  1. 中国語を用いて、文書によって与えられた任務を遂行する能力。
  2. 論理、論拠を明白に、流暢且つ適切な中国語を書く能力。
Page Top

採点基準 anchor.png

1.「ヒアリング」と「読解」、2.「会話」と「作文」の採点方式と基準はそれぞれ異なっている。

「ヒアリング」と「読解」の採点方式及び基準
「ヒアリング」と「読解」はそれぞれ50問ある。選択問題、穴埋め問題および文字問題の中には適切な解答は一つしかない。得点0点か1点で、1問題に1点が配分される。
「会話」と「作文」の採点方式及び基準
「会話採点基準」または「作文採点基準」に基づいて、受験生との解答録音および作文が採点される。これによって、受験生の会話点数と作文点数がつけられる。
会話試験の採点基準
等級採点基準
1級交渉任務任務を遂行できない。
文法・語彙限られた言葉と簡単な文法が用いられるが、間違いが多く、意思の疎通に影響が出ている。
発音大きな問題があり、聞き手の理解に支障がある。
話し方単語或いは片言が主体である。
流暢さ流暢ではない。会話の接続感が無く、話が途切れる時間が長過ぎる。
2級交渉任務部分的に遂行している。
文法・語彙ある程度の単語量を持っているが、適切な言葉を適切な場で良く用いられない場合も時々ある。簡単な会話ができるが、意思の疎通には影響がある。
発音発音には問題があるため、聞き手が理解するためには時々支障がある。
話し方短い話と片言が主体である。
流暢さ常用の短い文と片言が比較的流暢に話すことができるが、自分なりの応用はできない。話が途切れる時間が比較的多い。
3級交渉任務遂行までには及ばない。
文法・語彙話し方には基本的に問題が無い。相当な単語量を覚えている。常用のビジネス用語が用いられるが、間違いが少なく、意思の疎通に影響を及ぼさない。
発音問題があるが、相手が理解するには支障がない。イントネーションが比較的正確である。
話し方短文と複文が主体である。
流暢さほとんどの話は比較的流暢であるが、複雑な会話になると流暢さが足りない。話の途中で途切れることがある。
4級交渉任務すべて遂行している。
文法・語彙話し方は流暢である。かなりの単語量がある。数多くのビジネス用語を用いることができる。単語の使用は正確にできる。比較的、複雑な語彙を用いる時に、間違いは出るが、意思の疎通に影響しない。
発音個別の発音には問題があるが、理解するには支障がない。イントネーションが正確である。
話し方短句と長句が主体である。
流暢さ流暢に話せる。
5級交渉任務すべて完璧に遂行している。
文法・語彙話し方は流暢であり、自然である。単語量が多い。数多くのビジネス用語をその場に応じて良く用いることができる。必要に応じて、自由自在に複雑な語彙を用いることができる。たまには小さな間違いは出るが、意思の疎通には影響しない。
発音個別の箇所の発音には問題があるが、相手が理解するに支障がない。イントネーションが非常に正確である。
話し方長句が主体である。
流暢さ非常に流暢な中国語を話すことができる。

作文試験の採点基準
等級採点基準
1級交渉任務遂行できない。
文法・語彙間違いが多く、意思の疎通に非常に影響がある。
論理性論理性が欠けている。
漢字の使用及び文書の書式誤字が非常に多い。句点等の使い方はほとんどできない。意思の疎通には非常に支障がある。
全体的な印象文書の意味が分かりにくい。
2級交渉任務部分的に遂行している。
文法・語彙ある程度の単語量があるが、適切な言葉をその場に応じて良く用いられない場合も時々ある。簡単な会話はできるが、部分的な語句は意思の疎通に影響がある。
論理性論理性に欠けている。句と句のつながりが不自然である。
漢字の使用および文書の書式当用漢字はある程度書けるが、句点等の使い方に誤りがあり、時々意思の疎通に支障が出ることもある。
全体的な印象意味の分からない部分を無視して大意を推測することができるレベル。
3級交渉任務基本的に遂行している。
文法・語彙文書は基本的に意味をなしている。相当な単語量を覚えている。常用のビジネス用語が用いられ、間違いがあるものの、基本的には意思の疎通に影響しない。
論理性ある程度の論理性がある。句と句のつながりが基本的に自然である。
漢字の使用及び文書の書式比較的正確に常用漢字が書ける。難しい漢字を書く際に、誤字が出るものの、意思の疎通にほとんど支障が出ない。初級の常用文書が書けるが、書式には多少間違いが出てくる。
全体的な印象間違いはあるが、意味が分かるレベル。
4級交渉任務すべて遂行している。
文法・語彙語順がよくできている。比較的たくさんの単語量を持って、数多くのビジネス用語を用いることができる。複雑な語彙を用いる時に多少間違いは出るが、意思の疎通には影響がない。
論理性比較的論理性がある。句と句のつながりが自然である。
漢字の使用及び文書の書式当用漢字が比較的正確に書けるとともに、句点等の使い方も正しい。多少文章には間違いがあるが、意思の疎通に支障が出ない。常用の文書が書けるとともに、書式も基本的に問題が無い。
全体的な印象意図がよく分かる。
5級交渉任務すべて完璧に遂行している。
文法・語彙語順がよくできているし、文書で意味をよく表している。相当多くの単語量を覚えているとともに、ビジネス用語もよく用いている。時々は小さな間違いをするが、意思の疎通には影響しない。
論理性文章の論理性が非常にはっきりしており、句と句のつながりもとても自然である。
漢字の使用及び文書の書式漢字を正確に書けるとともに、句点等の使い方も正しい。文章に時々は間違いがあるが、意思の疎通に支障は出ない。常用の文書が書けとともに、書式も問題がない。
全体的な印象文章全体の意図が分かりやすい。

Page Top

問合せ anchor.png

〒105-0003 東京都港区西新橋1-9-1 ブロドリー西新橋ビル8F
セリングビジョン株式会社内

TEL:03-3500-3958
FAX:03-5251-6020


HOME > 中国語入門 > 資格 > ビジネス中国語検定試験

HOME > 中国語入門 > 資格 > ビジネス中国語検定試験

中国語入門 - ビジネス中国語検定試験(BCT)

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.