中国文化と中国人 - 恋する中国

ビジネス中国語試験(基礎) - BCT(基礎) - 中国語入門

HOME > 中国語入門 > 資格 > ビジネス中国語試験(基礎)

ビジネス中国語試験(基礎) - BCT(基礎)



ビジネス中国語試験(基礎)(BCT(基礎))は、中国政府が実施する、日常職場で使う中国語レベルを評価する国家級の国際標準化試験であり、BCTを受ける前の基礎試験である。
英語名は、Business Chinese Test(Basic)試験であり、略称はBCT(基礎)。
BCT(基礎)は、日常生活、社交的な場面や職場のなかで、実際に中国語を用いてコミュニケーションを行う基本的な能力を測るものである。

試験対象者 anchor.png

BCT(基礎)は、第一言語が中国語でない者を対象としている。その対象には海外諸国の一般職業人、職場で中国語研修を受講した会社員、孔子学院でビジネス中国語を学習した者などが含まれる。

Page Top

試験用途 anchor.png

BCT(基礎)は、ビジネスに従事する人の中国語レベルを評価する必要のある、全世界の各種機関及び個人のニーズを満たしている。その主な用途は次のとおりである。

  • 各種の教育スクール機関の授業の手助け、学生募集、クラス分けに際して、学生のビジネス中国語レベルを評価。
  • 企業などにおける採用、選抜、昇格など人事面での決定に際して、社員のビジネス中国語レベルを評価。
  • 各教育機関、研修スクール機関での教育・トレーニング実績効果を評価。
  • 就職、採用及び昇進を希望している社員のビジネス中国語能力レベルを評価。
  • 中国語学習者がビジネス中国語レベルを理解し、一層向上させる目安 。
Page Top

難易度 anchor.png

BCT(基礎)3級のレベルは現有のBCT3級と同レベルであり、新HSK3級よりレベルが上である。
新HSK(2級)に合格するレベルとされている。

Page Top

試験等級 anchor.png

BCT(基礎)は、1級から3級までの等級がある。

BCT(基礎)の各等級の単語量は下記の通り。

等級単語量
3級800
2級400
1級200

※ BCT(基礎)3級=BCT3級
※ BCT(基礎)3級>新HSK3級

Page Top

試験問題構成 anchor.png

BCT(基礎)は、「ヒアリング」と「読解」の2項目から構成されている。
各項目の問題数及び解答時間は下記の通りである。

試験項目問題数解答時間
ヒアリング問題40問約25分
読解30問30分
解答用紙に転記5分
合計70問約60分

Page Top

成績報告書 anchor.png

BCT(基礎)成績報告書には、「ヒアリング」、「読解」、「総得点」の3つの点数、及び等級が表示される。
「ヒアリング」、「読解」の満点は各100点。「総得点」は、「ヒアリング」、「読解」の合計点数であり、満点が200点である。
「ヒアリング」の点数、「読解」の点数及び「総得点」により、BCT「基礎」の「ヒアリング」等級、「読解」等級、及び「総等級」が判定される。

点数等級
ヒアリング0~1001~3
読解0~1001~3
総得点0~2001~3

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

日本BCT・YCT事務局
〒105-0003
東京都港区西新橋1-9-1 ブロドリー西新橋ビル8F
セリングビジョン株式会社内
TEL:03-3500-3958
FAX:03-5251-6020
E-mail:kaoshi@hanban.org


HOME > 中国語入門 > 資格 > ビジネス中国語試験(基礎)

HOME > 中国語入門 > 資格 > ビジネス中国語試験(基礎)

中国語入門 - ビジネス中国語試験(基礎) - BCT(基礎)

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.