中国文化と中国人 - 恋する中国

YCT会話試験 - 中国語入門

HOME > 中国語入門 > 資格 > YCT会話試験

YCT会話試験



YCT会話試験は、中国語の口頭会話の表現能力を試す試験で、等級はYCT初級、YCT中級の2つの等級に分かれている。

下記の表は、YCT会話試験の各等級を「国際標準中国語能力」、「欧州共通言語基準(CEF)」と比較したものである。

YCT会話試験単語量国際標準中国語能力欧州共通言語基準
5級C2
C1
4級B2
YCT中級約4003級B1
YCT初級約2002級A2
1級A1

※ 欧州共通言語基準(CEF)とは、2001年に国際協議会が定めた言語の基準。

  • YCT初級会話は、口頭で比較的熟知する日常の話題を表現することができ、基本的なコミュニケーション能力を持っているかどうかを試験する。
  • YCT中級会話は、中国語を聞き取れるだけではなく、中国人と簡単な相互会話ができるかどうかを試験する。

YCT会話試験の各等級の問題数、試験時間は下記のとおりである。

等級問題数試験時間
YCT初級25問約17分
YCT中級14問約19分

YCT会話試験は録音の形式で行われる。「聞き、話す」「読み、話す」の形式で口頭会話の表現能力が試される。受験生は自分のレベルに基づき、自由に受験級を選択できる。

新YCT初級会話試験の詳細 anchor.png

YCT初級会話は、口頭で表現能力を試す試験で、「国際標準中国語能力」の1級と2級、「欧州共通言語基準(CEF)」のA級に相当する。
中国語の口頭で比較的熟知する日常の話題を表現することができ、基本的なコミュニケーション能力を試すものである。

Page Top

試験対象 anchor.png

YCT初級会話は毎週2~3回授業を受け、中国語を1~2学期勉強し、最も常用された語彙200と、関連文法知識を習得している青少年を対象とする。

Page Top

試験内容 anchor.png

YCT初級会話は3部分に分かれ、試験問題は合計25問ある。

試験内容問題数試験時間
第一部分聞いて復唱する15問4分
第二部分聞いて答える5問2分
第三部分図を見て話す5問4分
合計25問10分

試験時間は約17分。(準備時間7分を含む)

第一部分(15問)
各問題に一つの文章が放送され、聞いた後に一回復唱する。
第二部分(5問)
各問題に一つの問題が放送され、聞いた後に簡単で短い回答をする。
第三部分(5問)
各問題に一つの図が出題され、図を結び付けて2~3の文章を話す。
Page Top

試験成績 anchor.png

YCT初級会話は100点満点であり、60点以上が合格となる。

Page Top

新YCT中級会話試験の詳細 anchor.png

YCT中級会話は、口頭で表現能力を試す試験で、「国際標準中国語能力」の3級、「欧州共通言語基準(CEF)」のB1級に相等する。
YCT中級会話試験は、中国語を聞き取れるだけではなく、中国人と簡単な会話の交流もできるかどうかが試される。

Page Top

試験対象 anchor.png

YCT中級会話は、毎週2~3回授業を受け、中国語を2学期勉強し、最も常用された語彙400個と関連文法知識を習得している青少年を対象としている。

Page Top

試験内容 anchor.png

YCT中級会話は3部分に分かれ、試験問題は合計14問ある。

試験内容問題数試験時間
第一部分聞いて発音する10問3分
第二部分図を見て話す2問3分
第三部分問題を答える2問3分
合計14問9分

試験時間は約19分。(準備時間10分を含む)

第一部分(10問)
各問題に一つのセンテンスが再生され、聞いた後に一回繰り返す。
第二部分(2問)
各問題に一つの図が出題され、図を結び付けて一段の話しをする
第三部分(2問)
二つの問題が出題され(ピンインを付けてある)、問題を回答する。
Page Top

試験成績 anchor.png

YCT中級会話は100点満点で、60点以上が合格になる。

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

〒105-0003
東京都港区西新橋1-9-1 ブロドリー西新橋ビル8F
セリングビジョン株式会社内
TEL:03-3500-3958
FAX:03-5251-6020
E-mail:bct-yct@bct-jp.com


HOME > 中国語入門 > 資格 > YCT会話試験

HOME > 中国語入門 > 資格 > YCT会話試験

中国語入門 - YCT会話試験

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.