中国文化と中国人 - 恋する中国

C.TEST会話試験 - 中国語入門

HOME > 中国語入門 > 資格 > C.TEST会話試験

C.TEST会話試験



C.TEST会話試験は、HSK試験を開発・制作する北京語言大学HSKセンターが開発した、中国語を母語としない中国語学習者を対象に、中国語会話のレベルの測定を目的とした面接形式の会話試験である。
中国語でのコミュニケーション力を実践的な会話を通して測定する。
企業は、人事採用・人事評価の手段として、教育機関は成績をクラス分けの参考資料及び中国語勉強の進歩状況の確認として活用できる。

C.TEST会話試験の構成 anchor.png

  • 面接官2人に対して受験者が1人の面接形式。
  • 面接官は受験者との会話に基づいて、総合的に採点を行いレベルを判定する。
Page Top

試験時間 anchor.png

  • 試験時間は1人あたり、約10分から15分。
  • 試験は午前10時からであるが、受験番号によって集合時間が異なる。
Page Top

C.TEST会話試験の流れとレベル anchor.png

試験は3段階で構成されている。

1.ウォーミングアップ(1~2分)
簡単な自己紹介、質疑応答をし、面接官が受験者のおおよその中国語レベルを推定する。
2.レベル判定(約8分)
ウォーミングアップで推定された受験者のレベルに応じ、質疑応答が行われる。
  • F~E級と推定される受験者は、絵の内容について中国語で話し、質問に解答する。
  • D~C級と推定される受験者は、複雑な叙述表現、簡単な議論及び談話
  • B~A級と推定される受験者は、更に複雑な議論に対する意見及び談話
  • 専門級と推定される受験者は、複雑で抽象的な議論について意見を述べ交流、弁論する。
3.クールダウン
受験者のレベルに相応しい会話を行ってから終了する。
Page Top

レベル判定 anchor.png

総合的な採点によって、F級から専門級レベルの7つのレベルで判定される。

専門級
中国語能力は、母語話者に近い。様々な場面の会話に参加し、適切に受け答えすることができる。発音が自然で正しく、言葉の表現も正確で適切である。
A級
中国語で流暢に叙述、説明、議論ができる。表現はほぼ正確で自然である。比較的正式な場面で、やや複雑な会話ができる。
B級
中国語で叙述、議論ができる。話題の範囲も広く、長文で表現する能力が比較的高い。
C級
中国語で一般的な話題について会話ができる。物事について叙述することができる。簡単な議論ができる。長文で表現をする能力を持っている。
D級
中国語で、日常生活と仕事に関する簡単な会話ができる。物事について簡単に叙述することができ、長文で基本的な表現をする能力を持っている。
E級
中国語で、慣れた話題について簡単な会話ができる。文で話すことができる。
F級
中国語で、最も基本的な会話ができる。会話の表現はほとんどが単語や、単語の組み合わせである。
Page Top

問い合わせ anchor.png

〒 130-0021
東京都墨田区緑1-24-6 第12高畠ビル
「C.TEST・HSK入門級日本事務局」
TEL:03-3633-2212
FAX:03-3633-4412
E-mail:info@c-test.jp


HOME > 中国語入門 > 資格 > C.TEST会話試験

HOME > 中国語入門 > 資格 > C.TEST会話試験

中国語入門 - C.TEST会話試験

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.