中国文化と中国人 - 恋する中国

緑茶 - 中国茶大全

HOME > 中国茶大全 > 中国銘茶 > 緑茶

緑茶



新鮮な茶葉のさわやかな香り。銘茶も多く、花や珠など形もさまざま。

緑茶, 29.jpg

緑茶は、中国茶の中では最も生産量が多くポピュラーなお茶。新鮮な茶葉を熱処理することにより、酸化酵素が働かないようにした不発酵茶。
熱を加えて酸化発酵の働きを抑える「殺青」、茶葉を揉む「揉捻」を行い、最後に茶葉を「乾燥」させて仕上げる。日本茶は大半が、摘みとった茶葉を蒸すのに対し、中国緑茶は「釜煎り」する。
また日本茶は味に重点が置かれるが、中国緑茶は香りに重点が置かれるといわれる。
中国緑茶は、製法のすべてを釜の中で行う「炒青緑茶」(西湖龍井平水珠茶、洞庭碧螺春など)、揉捻のあとに輻射熱を利用して乾燥させる「烘青緑茶」(黄山毛峰、太平猴魁など)、揉捻のあとに天日にあてて乾燥させる「晒青緑茶」(普洱茶の原料として使われることが多い)の3つに分類される。

グラスの中に咲く、牡丹や青竹の景色を楽しむ。

また、揉捻の仕方などによって茶葉の形が異なることから、形で分類する方法もある。扁形茶(西湖龍井など)、眉茶、円形茶(平水珠茶など)というような分類である。ガラスの茶器を使い、さまざまな形状の茶葉の変化を目で楽しむことができるのも、緑茶の特徴。不発酵茶のため、摘みたての新鮮な香りがあるのが緑茶。春茶はとくに香りが高く、ビタミンCやポリフェノールをたっぷり含む。糖尿病治療やガン予防に効果があるともいわれている。
グラスや蓋碗にお湯を注ぐだけで楽しめ、どこででも気軽に楽しむことができるため、中国では、オフィスや旅先で、ガラスの空き瓶に茶葉を入れ、お湯を差して携帯している人も多い。

代表的な緑茶 anchor.png

Page Top

緑茶の効能 anchor.png

無発酵茶のため茶葉の香りは高い。頭をスッキリとさせ、身体を覚醒する。ビタミンCやカフェインが豊富なので目覚めのお茶として最適。


HOME > 中国茶大全 > 中国銘茶 > 緑茶

HOME > 中国茶大全 > 中国銘茶 > 緑茶

中国茶大全 - 緑茶

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.