中国文化と中国人 - 恋する中国

青茶(烏龍茶) - 中国茶大全

HOME > 中国茶大全 > 中国銘茶 > 青茶

青茶(烏龍茶)



花のような特有の香りのお茶。健康効果も注目。

青茶, 30.jpg

青茶は、日本でも人気の高い烏龍茶などが属するお茶。半発酵茶と呼ばれている。発酵度の幅は15~70%までと広く、発酵度が高くなるにつれて、水色ばかりでなく、香りも味も淡いものから濃厚なものへと変化する。
その生産地から、福建省北部の武夷山系(大紅袍鉄羅漢白鶏冠、水金亀などの武夷岩茶)、福建省南部の安溪系(鉄観音、黄金桂など)、広東省北部系(鳳凰単欉、嶺頭単欉など)、台湾系(凍頂烏龍茶清茶木柵鉄観音、東方美人など)に分類できる。
製造工程は銘柄によって異なるが、基本的には、茶葉の酸化酵素の働きを促す「発酵」、茶葉を揺り動かして撹拌する「揺青」、発酵の具合を見て酸化酵素の働きを抑える「殺青」、茶葉の味と香りを引き出す「揉捻」を行い、最後に乾燥の工程「烘焙」を行って仕上げる。

烏龍茶ポリフェノールの効果にも注目。

青茶の魅力といえば、花のような特有の香り。中国茶の世界では「香りを聞く」というが、とくに青茶は聞香杯と呼ばれる香りを嗅ぐためだけの茶杯があるほどだ。青茶の高い香りは、気分をリラックスさせ、食後には口中をさっぱりさせる効果がある。
近年の研究では、烏龍茶にはポリフェノールが多く含まれていて、血液中の中性脂肪を減少させ、生活習慣病の予防やダイエットに効果があるといわれる。また、老化を進ませる活性酸素の発生を抑える効果があるともいわれている。ちなみに、油を多く使う潮州料理の店では、食前食後にお猪口のような茶杯に濃い烏龍茶が一杯出される。食前の一杯は食欲増進用、食後の一杯は消化を助けるためという。

代表的な青茶 anchor.png

Page Top

味と香り anchor.png

青茶烏龍茶)は、弱発酵から完全発酵の手前まで、すべてを含む大きな領域で、限りなく緑茶に近い茶葉から、ほとんど紅茶と変わらない茶葉まであり、味も香りも多種多様である。

Page Top

青茶の効能 anchor.png

その独特の甘い風味で気分を爽快にして頭をスッキリとさせる。
また、胃に刺激を与えて食欲を増進させたり、食後の胃腸の調子を整え、暑気あたりの防止や二日酔いにもお薦めである。ビタミンCやポリフェノールが豊富だが、胃弱の人には不向き。


HOME > 中国茶大全 > 中国銘茶 > 青茶

HOME > 中国茶大全 > 中国銘茶 > 青茶

中国茶大全 - 青茶(烏龍茶)

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.