中国文化と中国人 - 恋する中国

茶外の茶 - 中国茶大全

HOME > 中国茶大全 > 中国銘茶 > 茶外茶

茶外の茶



茶樹(学名:Camellia sinensis)は、ツバキ科ツバキ属の常緑樹である。原産地は中国南部とされているが確かなことはわかっていない。

茶は、茶樹の葉や芽、茎を加工して作られる飲み物であるが、茶樹以外の植物の葉、芽、花、樹皮、根などを材料として湯を注ぎ抽出したものも「茶」と呼ばれてきた。それらの広義の「茶」を、一般的な茶と区別するため茶外茶など様々な名称が用いられている。また、その原料として使用されているものは植物に留まらず、椎茸茶のような菌糸類や虫糞茶のように動物の糞を加工したものもあり、原材料の個性を味わえることのできる飲み物である。また、複数の原料をブレンドしたものや、茶樹の葉が含まれているものも、茶外茶として扱われる事がある。

茶樹の木から作られた茶は、長い間嗜好飲料として安心して飲まれてきた歴史を持つが、これら茶葉を用いない飲料にも「茶」と名づけることで安心して飲める飲料であるというイメージを与えたものとする説もある。日本では麦茶がいい例である。
中国においては「茶外之茶」、「非茶」、「非茶之茶」などとも呼ばれ、保健茶、薬茶、養生茶、などが含まれる。植物を原料とするものは草本茶または花草茶と呼ばれている。

中国にはたくさんの茶外茶があるが、そのほとんどは体にいい健康茶である。単独で飲むもの、複数の種類を合わせて飲むもの、お茶とブレンドして飲むものと、飲み方もさまざまであるが、いずれも味を楽しむというよりは、健康のために日々飲用するものが多い。

代表的な茶外茶 anchor.png

Page Top

その他 anchor.png

体の状況に合わせながらブレンドし、ハーブティーのようにして飲むものも多い。通常は漢方薬店で相談し、購入する。
副作用も少ないため、日々お茶として飲むことで、病気になる前に自らを養生するには最適である。組合せによっては、相乗効果も生まれる。
一般的にはプーアル茶と合わせることが多いが、玫瑰系はキーマン紅茶などと合わせてもおいしい。


HOME > 中国茶大全 > 中国銘茶 > 茶外茶

HOME > 中国茶大全 > 中国銘茶 > 茶外茶

中国茶大全 - 茶外の茶

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.