中国文化と中国人 - 恋する中国

工芸茶 - 中国茶大全

HOME > 中国茶大全 > 中国銘茶 > 工芸茶

工芸茶



見た目の華やかさを楽しむお茶。

工芸茶, 69.jpg

工芸茶は、熱湯を注ぐと実のような形に加工された茶葉の束の中から花が開くお茶。香り、見た目、味わいと三倍楽しめる。中国で1980年代に考案された。福建省や安徽省で盛んに製造されている。

中国では、昔から茶を楽しむ様々な方法が伝えられている。
その中でも工芸茶は緑茶と様々な花茶を組み合わせて、手作りによるお茶の工芸品として現在に伝えられている。香りを楽しみ、目で見て楽しむ工芸茶は中国伝統の贅沢なお茶である。
工芸茶の原型となる花茶は1000年の歴史があるが、意外にも工芸茶の歴史は短く、1980年代後半に考案され、1990年代初めに市場に出回るようになった。
日本では花茶、細工茶、手工茶などの呼び方もあり、日本での呼び名はまだ定まっていない。また、中国でも工芸茶と呼ばれるほか、造型茶、工芸花茶と呼ばれることもある。

工芸茶は乾燥した茶葉を一葉一葉集めて紐で縛り作られる。大変な技術を要し、一つ一つが職人の手によって作られる、まさに「芸術品」とも言えるお茶。中に花を入れたり、茉莉花ジャスミン)の香りを添加して作られるものもあり、お湯の中で花が開く様子は見事である。

一般の茶葉同様、製法、材料により高級品と普及品の間には品質に大きな開きがある。

工芸茶と花茶 anchor.png

工芸茶, 69-2.jpg

花茶は茶の葉に花の香りをつけたもの、または花そのものを茶にして飲むもののことを言い、工芸茶とは区別されている。
工芸茶は茶の葉に香りをつけたり、花そのものをお茶にする花茶をさらに進化させ、味や香りだけでなく、見た目までもに気を配った中国茶である。
もともとは福建省で盛んに生産されていたものが、全国で作られるようになった。

Page Top

基本の茶葉 anchor.png

工芸茶, 69-3.jpg

工芸茶の原料は緑茶をベースに各種の花を飾っているものが多い。
厳選した緑茶を束ね、そこに各種の花を木綿糸などで縛るなどして作り上げていく。
緑茶の束の中に花を隠すように作り上げるため、お湯に入れる前の工芸茶は丸いお茶の葉のかたまりにしか見えない。
これをお湯に入れると、中からきれいな花が出てくるため、そのギャップに見る人を驚かせるとても面白いお茶である。

Page Top

工芸茶の種類 anchor.png

工芸茶に使われる花はジャスミン、カーネーション、ユリ、千日紅、菊などがあり、見るだけでなく多様な香りを楽しむことができる。
工芸茶は種類が多く、正式名称がない。ほとんどは生産者が命名している。

工芸茶, 69-4.jpg工芸茶, 69-5.jpg工芸茶, 69-6.jpg

Page Top

工芸茶の製造工程 anchor.png

  1. 乾燥した芽茶に少量の清水(綺麗な水)を噴霧して柔らかくする。
  2. 芽茶の柔らかい茎の所を100本位束ねる。
    6乾燥した花茶(百合の花・千日紅の花・菊の花・ジャスミンの花等々)を、束ねた新芽の中央に入れて糸で結ぶ。
  3. 薄いガーゼで丸く形を整えながら包んで固定する。
  4. 乾燥。
Page Top

工芸茶の入れ方 anchor.png

工芸茶は中国茶の中でも特に特殊性が高いものである。
他のお茶との最も大きな差は、やはり目で楽しめるお茶という点。
それを楽しむためには、耐熱ガラス製のポットやグラス等がもっとも適している。

グラスでの入れ方
  1. 大きめの耐熱グラス、工芸茶、お湯を用意する。
  2. 水は軟水が適している。水道水を使用する場合は、2時間程度汲み置きした水を、1分ほど沸騰させてから使用する。それだけで、カルキ臭がとれておいしくなる。
  3. 大きめの耐熱グラスに工芸茶1個を入れる。そこに90度程度のお湯を、工芸茶に当たらないように注ぐ。
  4. 工芸茶が完全に開いたら飲み頃。

※お湯の温度が低いと、工芸茶が開かないことがある。また、グラスをお湯であらかじめ温めておくと、いっそう香が生きてくる。

工芸茶を楽しむ
工芸茶が完全に開いたら、その様子を目で楽しむ。
じっくり堪能した後、お茶自体を味わう。
半分くらい飲んだら、再びお湯を淹れて4~5煎程度味わうことが出来る。
いろいろな工芸茶
工芸茶, 001.jpg工芸茶, 002.jpg工芸茶, 003.jpg工芸茶, 004.jpg
工芸茶, 005.jpg工芸茶, 006.jpg工芸茶, 007.jpg工芸茶, 008.jpg
工芸茶, 009.jpg工芸茶, 010.jpg工芸茶, 011.jpg工芸茶, 012.jpg


HOME > 中国茶大全 > 中国銘茶 > 工芸茶

HOME > 中国茶大全 > 中国銘茶 > 工芸茶

中国茶大全 - 工芸茶

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.