中国文化と中国人 - 恋する中国

大阪 - 中国人観光客のトリセツ


大阪



中国人の観光ルートにもたくさんの種類あるが、一番人気のルートである、いわゆる「ゴールデンルート」の出発点、あるいは終点となるのが大阪である。ゴールデンルートとは、東京⇒富士山⇒大阪の順に回る観光ルートのこと。反対回りで大阪が出発点になることもある。
メディアでは東京ばかりが取り上げられるが、大阪もゴールデンルートの出発点、または終点になる都市なので、当然中国人観光客が大量に大阪の街へ繰り出す。
大阪城を見て、心斎橋やりんくうプレミアムアウトレット、でんでんタウン等で買い物をする。購入商品は、やはり電化製品と化粧品が多い。

大阪府観光交流局の調査によると、中国本土から大阪府を訪れる観光客は現在年間約25万人強と推定され、その数は年々増加傾向にある。

東京・秋葉原と並び、西日本最大級の電気街として知られる大阪・日本橋電気街(でんでんタウン)は、中国人観光客の誘致を街全体で行い、中国語(簡体字)の案内マップも配布している。

大阪市は、大幅に増加する中国人観光客及びその他アジアからの旅行客に狙いを定め、京都、神戸など近隣都市の経済界と協力し「関西ダイヤモンドルート」をつくりあげると観光振興戦略を発表した。

さらに大阪市は、中国向け都市型メニューの発信として、「医療観光、ナイトツアー、食の体験、産業観光、関西滞在型メニュー」を挙げている。




中国人観光客のトリセツ - 大阪

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
42 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国人観光客のトリセツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 42

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.