中国文化と中国人 - 恋する中国

中国人観光客の買い物 - 中国人観光客のトリセツ

HOME > 中国人観光客のトリセツ > ショッピング > 中国人観光客の買い物

中国人観光客の買い物



中国人観光客の買い物はすごい。なにぶん、今現在日本やって来る中国人観光客は、それなりの地位と収入のある富裕層、もしくは、そこそこ所得のある中流層。

とにかく買い物の仕方がすごい。同じ中国人からも「えげつない」と批判されるくらい、見事な買いっぷりを披露してくれる。その見事な買いっぷりは「大人買い」をはるかに超えた「成金買い」である。けっしてお金持ちとは言えない中流層でさえ、ここぞとばかりに買いまくる。

銀座のデパートの化粧品売り場では「そのシリーズ全部ちょうだい」といった言葉が、中国人観光客の口から普通に出てくる。「全部」というのは、「そのシリーズのものをひとつづつ全種類」という意味ではなく「店にあるそのシリーズの在庫全部」の意味であるから恐れ入る。

秋葉原では、カメラマンでも無く、かといってカメラが趣味というわけでもない普通の人が、無駄に高いカメラをお買い上げ。「それ、本当に必要ですか?」などという質問は愚の骨頂。高いものを買って帰らなければ面子がたたないのだ。例えば、去年、隣の陳さんが日本に来た時、10万円のカメラを買って帰ったとしたら、自分は12万円のカメラを買って帰らなければならない。それが中国人の面子。本当に欲しいかどうかなんてことは関係ない。本当に必要かどうかも関係ない。使いこなせなくても買う。面子で買い物をしているわけだから、他の理屈や理由は一切不要なのだ。

中国人観光客にとっては、歴史的建造物やテーマパークよりも、日本での買い物が何よりの魅力なのである。また、どういったわけか、中国人は日本人消費者向けの製品は、他国用より品質が良いと思っている。同メーカー同型番の製品でも、日本国内で流通している商品は世界の中で最高品質であると信じ、入手できそうな機会さえあればどうにかして買いたいと思っている。そのため、日本への旅行は絶好の買い物チャンスとなる。のんびりと観光などしている場合ではない。

まだまだ中国人にとって海外旅行は簡単にできないだけに、日本ツアーは羨望の的となる。同時に、友人や親族や仕事仲間など「仲のよい気の知れた知り合い」に対して遠慮をしない中国人は「資生堂のこの型番の化粧品を買ってきて」とお願いする。高い買い物だけにお金は前払いのケースが多い。かくして日本行きチケットを得た旅行者は、数十人分のお使いミッションを抱えて日本にやってくることになる。

中国人観光客はよく分からないと言う人もいるが、日本にお金をたくさん落としていってくれるということだけは、間違いのない事実である。


HOME > 中国人観光客のトリセツ > ショッピング > 中国人観光客の買い物

HOME > 中国人観光客のトリセツ > ショッピング > 中国人観光客の買い物

中国人観光客のトリセツ - 中国人観光客の買い物

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
39 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国人観光客のトリセツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 39

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.