中国文化と中国人 - 恋する中国

本物が欲しい中国人 - 中国人観光客のトリセツ

HOME > 中国人観光客のトリセツ > ショッピング > 本物が欲しい中国人

本物が欲しい中国人



中国人観光客のお目当ては必ずしも日本製とは限らない。もちろん、日本へ観光に来たのだから日本製が一番の売れるのは間違いないが、中国人観光客はそのついでに日本製以外の物も買っていく。なぜか?答えは簡単。本物が欲しいからである。

中国でもブランド品は売っている。日本製でもフランス製でもイタリア製でも、今どきの中国は、どんなブランドでも手に入る。そして、中国では偽物もたくさん売っている。日本製でもフランス製でもイタリア製でも、今どきの中国は、どんな偽物でも手に入る。
厄介なことに、売っている側ですら偽物と気付かず販売している例が大変多い。専門店のはずなのに、直営ショップのはずなのに、どこですりかわったのか、いつのまにか偽物になっている。そんな中国の現状を、中国の市場を、一番信用していないのは中国人。
だから多少かさばる物だって、持って帰るのが面倒だって、フランス製やイタリア製のブランド品も日本で買う。安心だから。本当に本物が欲しいから。

本物かどうかきちんと見定めれば、中国のほうが物価が安いのだから中国で買ったほうが得なのでは?と思う人もいるだろうが、「物価が安ければブランド品の価格も安い」と考えるのは大きな誤解。中国ではブランド品の消費者価格は高い。中国のブランド品輸入関税は20%で、さらに17%の付加価値税がかかる。英紙フィナンシャル・タイムズなどが分析した資料によると、ルイ・ヴィトンの場合、フランスでの原価を100とすると、米国118、香港120、中国では140と高く設定されている。
日本のブランド品消費者価格もけっして安いとはいえないが、どうせ高価なブランド品を買うなら、日本のほうが安心して買えると中国人は思うのだ。

ちなみに、世界奢侈品協会(WLA)がまとめた統計データによると、ここ数年間の日本におけるぜいたく品消費の約20%は中国人観光客によるものだという。


HOME > 中国人観光客のトリセツ > ショッピング > 本物が欲しい中国人

HOME > 中国人観光客のトリセツ > ショッピング > 本物が欲しい中国人

中国人観光客のトリセツ - 本物が欲しい中国人

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
31 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国人観光客のトリセツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 31

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.