中国文化と中国人 - 恋する中国

クレジットカード - 中国人観光客のトリセツ

HOME > 中国人観光客のトリセツ > ショッピング > クレジットカード

クレジットカード



中国でもクレジットカードが普及してきている。日本に来る中国人観光客は中間層から富裕層なので、当然クレジットカードの所有者は多い。
中国人観光客というと、会計で札束を差し出すといったイメージを持っている人がいるが、それはテレビの影響である。たしかに会計で札束を出す中国人観光客が多いのも事実だが、多額の現金を持ち歩くことを嫌う人も多く、クレジットカードを使用する人が増えてきている。そもそも、中国人観光客が多額の現金を持ち歩くようになったのは、中国でのクレジットカードの普及が遅れてたことと、日本でクレジットカードを使える店が少なかったからというのも理由のひとつである。

最近、家電量販店や百貨店などでよく見かけるようになった「銀聯(ぎんれん)」のロゴマーク。この「銀聯(ぎんれん)カード」が中国のクレジットカード(正確にはデビットカード)である。中国人観光客の中には、この表示を店選びの基準のひとつにしている人もいる。

銀聯とは中国国内の銀行を結ぶ決済ネットワークで、運営する中国銀聯は中国の中央銀行にあたる中国人民銀行の主導で2002年に設立された。以降、中国の銀行が発行するキャッシュカードには銀聯のロゴマークが付けられ、そのまま買い物に利用できるようになった。決済すると利用している銀行の残高から代金がすぐに引き落とされる仕組みで、「J-Debit」や、楽天銀行やスルガ銀行などが発行し、VISA加盟店で利用できる「VISAデビットカード」と同様のサービスと考えていい。
現在発行されている銀聯カードは、13億枚以上。現金を除くと、中国国内では最もポピュラーな決済手段といえる。利用できる店舗も中国国内ではVISAやMasterCardなど国際ブランドのクレジットカードが利用できる店舗の3倍以上もある。
中国国内で普及してくれば、ビジネスや旅行で海外を訪れた際にも利用できるようにしてほしいというニーズが高まるのは自然なこと。現在ではマカオ、韓国、タイ、シンガポールといったアジア諸国から欧米でも利用できるという。
日本では三井住友カードと提携し、05年12月からサービスを開始。日本を訪れる中国人旅行客の一番の目的は買い物。ただ、中国には5000米ドル相当までという外貨持ち出し制限があるため、キャッシュレス決済に対するニーズが非常に高い。大手家電量販店や大手百貨店、空港など、中国人旅行客がよく買い物をする場所を中心に加盟店を増やしているという。


HOME > 中国人観光客のトリセツ > ショッピング > クレジットカード

HOME > 中国人観光客のトリセツ > ショッピング > クレジットカード

中国人観光客のトリセツ - クレジットカード

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
35 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国人観光客のトリセツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 35

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.