中国文化と中国人 - 恋する中国

最大のライバルは韓国 - 中国人観光客のトリセツ

HOME > 中国人観光客のトリセツ > 誘致する > 最大のライバルは韓国

最大のライバルは韓国



中国人観光客の誘致に力を入れる国は多いが、中でも日本の最大のライバルとなるのは、間違いなく、お隣の韓国であろう。

韓国は中国人観光客のノービザでの受け入れを検討しているくらい積極的だ。
さらに、新築ホテルの建ぺい率制限の緩和、駐車場設置台数の緩和、学校から200メートル以内のホテル建設禁止制限の緩和なども実施される。
また、中国人観光客の満足度が高いレストラン100店舗を、ソウル旅行レストランとして選出する動きもある。

韓国の海外からの誘客促進についつは、国別に非常にきめ細やかに、徹底して行われている。しかも、日本のように、政府と民間企業がバラバラで動くということはない。
韓国の日本からの観光客誘致サイトを見てもらえば分かると思うが、日本人の趣向や好きな場所、食べ物、困りごとなどが徹底して研究されている。

韓国は、中国人観光客の誘致に対し、ただビザを緩和するだけでなく、建ぺい率の制限の緩和や駐車場設置台数の緩和など、誘致における現場での課題を認識した上で、具体的な施策として実現しているのである。

韓国は国として観光に非常に力を入れてきたという背景もあって、調査分析と施行という、いわばマーケティングでいうところのPDCAサイクル*1の積み重ねが、このような実績を生み出していると思われるが、この「徹底してやる」というのが、韓国における国民性であると同時に、強みにも弱みにもなり得るのである。

韓国のメディアによると、「中国人観光客による国内市場の活性化にとどまらず、日本との競争で優位を占め、観光、消費、医療観光の面で先進国の仲間入りをはたしたい」と、着々と準備をしている。
これには、観光ばかりでなく、例えば、投資欲旺盛な中国人向けに、これまで済州島でしか実施されていない不動産投資移民制度を全国に拡大することも検討されている。

日韓両国による「中国人観光客争奪戦」は、すでに始まっているのである。
韓国が中国人観光客をノービザで受け入れるとなれば、日本は到底太刀打ちできない。*2
手続きが面倒でない国に行くということは、タイの人気を見れば明らかであり、韓国は競合どころか、大きな脅威である。


HOME > 中国人観光客のトリセツ > 誘致する > 最大のライバルは韓国

HOME > 中国人観光客のトリセツ > 誘致する > 最大のライバルは韓国

中国人観光客のトリセツ - 最大のライバルは韓国

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
54 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国人観光客のトリセツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 54

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.