中国文化と中国人 - 恋する中国

危機管理 - 中国人観光客のトリセツ


危機管理



中国人観光客を誘致するにあたって、もっとも大切なことは「危機管理」である。

中国人観光客にはマナーもモラルもない。ルールも無視する。注意すれば逆ギレする。警官の制止や警告すら無視する。自己中な人間が団体になり「みんなでやれば恐くない」と、さらに傍若無人になる。まさに現代の暴走族である。

  • ゴミやタバコの吸殻をポイ捨てする。
  • 禁煙の場所でタバコを吸う。
  • どこでも大声で騒ぐ。口喧嘩する。
  • 飛行機や観光地、公共施設で携帯電話を使う。
  • 列に並ばない。割り込む。順番は守らない。
  • 乗り物やレストランなどで席を奪い合う。
  • 立ち入り禁止の場所に立ち入る。
  • 撮影禁止の場所でも撮影する。
  • 無理やり外国人と一緒に写真を撮る。
  • 教会や寺院で悪ふざけをする。
  • 貴重な美術品でもベタベタさわる。
  • 大きな彫刻やオブジェによじ登ったりする。
  • 店の商品の袋を勝手に破って中のものをみる。
  • 何も買わないのに売り場を陣取って会話する。
  • 食べ放題のレストランで食べきれないほどの量をとる。
  • 公共の場所で靴や靴下を脱いだり、腹を出す。
  • ホテルの備品を持って帰る。

中国人観光客の傍若無人ぶりさを数え上げたらキリがない。
このような行為を野放しにしておけば、街の美観や雰囲気が損なわれ、他の観光客も寄り付かなくなる。経済効果を望むどころか、大きな損失である。文化遺産の損傷なら、お金の問題ではすまない。

マナーやモラル、ルールといったものには無縁の民族を受け入れるのだから、自分のためにも、街のためにも、そして日本のためにも、受け入れる側は十分な対策が必要である。危機管理なくして観光地の存続は有り得ない。

中国人観光客は「大津波」と心得よう。被害発生前の危機管理こそ、最重要課題である。




中国人観光客のトリセツ - 危機管理

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
32 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国人観光客のトリセツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 32

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.