中国文化と中国人 - 恋する中国

医療誘致 - 中国人観光客のトリセツ


医療誘致



中国人を誘致するのは、なにも観光にかぎったことではない。
最近は医療で誘致することにも注目が集まっている。

がんの検査や病気の治療で来日を希望する外国人を積極的に受け入れ、医療を新たな成長分野にしようと、日本政府は2011年1月に医療滞在ビザを創設した。

医療滞在ビザは、各種医療関連行為を受ける目的で訪日する外国人とその同伴者向けのビザで、これまでの2倍の最大6ヶ月間滞在できるもの。ビザの期限は最長で3年間、必要に応じて何度でも来日することが可能な数次ビザも発給する。発給には日本の旅行会社や医療コーディネーターなどから身元保証をうける必要がある。

旅行会社の登録基準では、要件として旅行業登録をしていること、国内の医療機関と提携を実施しており、過去1年間に継続した外国人患者などの国内医療機関への受け入れ実績があること、過去に外国人旅行者の不法入国や不法残留に関与していないことなどが挙げられた。また、受け入れ業務を取り扱うための専門部署や専任者の設置や、医療滞在ビザ業務に必要な言語能力をもつ職員を配置できる体制、緊急事態が発生した場合、迅速な対応が可能な体制も求める。申請者は、観光庁に申請書や登録要件を満たす証明となる各種資料を郵送で提出する必要がある。

日本の医療の魅力は、先進的な設備や技術と、患者に対する優れたサービス。観光に健康診断が加われば、(旅行先は)医療レベルで選ばれる。

中国の医療関係者は「中国の富裕層は金額よりもサービスを重視している」と、日本の医療に対する関心の高さがうかがえる。

医療ツーリズムは、全国的に注目が集まっている。
その一方で、医師不足や病院の経営悪化が叫ばれる中、外国人富裕層を受け入れていいのかとの懸念もある。高額な富裕層向け自由診療が優先され、報酬の少ない健康保険による医療が軽視されかねないという。




中国人観光客のトリセツ - 医療誘致

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
28 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国人観光客のトリセツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 28

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.