中国文化と中国人 - 恋する中国

筆談時は要注意 - 中国人観光客のトリセツ


筆談時は要注意



中国人観光客と筆談する場合、注意が必要である。
日本と中国は漢字を使用する国である。それゆえ、中国語が分からない日本人も、日本語が分からない中国人も、漢字を見ればある程度の意味は理解できたりしてしまうし、意志が疎通してしまうことも多々ある。実際、筆談だけで中国を旅した人も多くいるし、筆談だけで日本で暮らす中国人もいる。中には筆談だけで日中国際恋愛している強者もいるほどだ。
しかし、日本と中国では意味の全く違う漢字もあるし、日本にしかない漢字(国字等)や、中国にしかない漢字も実はかなりある。そのため、筆談だけでなんとかしようとすると、思わぬ失敗をすることがある。

例えば、日本語で「手紙」はレターの意味であるが、中国語で「手紙」はトイレットペーパーの意味になる。中国語を少しでも勉強したことがある人なら簡単な事ではあるが、中国語を全く知らない人なら完全に誤解する。

また、中国語には繁体字と簡体字があるが、これがまた微妙に厄介である。
例えば、日本語で「機」と「机」は全く意味の違う漢字であるが、中国語では繁体字の「機」が簡体字になると「机」となり、意味が同じ漢字である。このような漢字は他にもたくさんあるので要注意だ。

また、日本には「国字」という日本で作られた漢字も数多くある。当然のことながら、中国人に日本の国字は理解不能。
有名なところでは「丼」がある。中国語には「丼」という漢字が無いので、日本語のメニューに「○○丼」と書いてあっても、中国人には???なのである。他にも「畑」や「辻」など、日本人の名字にも良く使われる字も中国人には理解できない日本の国字である。

日本は、いろんな時代に、中国のいろんな地方から漢字を輸入し、それに国字も加わったため、漢字の本場の中国人から見ても「日本は漢字の博物館」なのである。それゆえ「日本の漢字は難しい」と嘆く中国人も少なくない。

筆談だけでなんとかならなくもないが、意味の通じない漢字や、意味が全く違う漢字も数多くあるということを頭に入れておこう。




中国人観光客のトリセツ - 筆談時は要注意

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
42 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 中国人観光客のトリセツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 42

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.