中国文化と中国人 - 恋する中国

テーブルマナーはノーマナー - 中国人観光客のトリセツ

HOME > 中国人観光客のトリセツ > 食事 > テーブルマナーはノーマナー

テーブルマナーはノーマナー



中国人にはテーブルマナーがないと言われる。もちろん、中国にだってテーブルマナーはあるのだが、我々日本人が知っているテーブルマナーとは大きく異なる部分が多い。日本やアメリカやヨーロッパなどのテーブルマナーとはあまりにも異なりすぎるため、中国人はテーブルマナーがないというように見えてしまう。

中国では、年長者が食べ始めるまでは食べてはいけないと言われるし、日本では小皿は持って食べるが、中国では小皿は持たずに食べる。また、座る順番や場所も地位や年齢で決まっている。
このように、中国にも一応はマナーやルールは存在する。しかし、いざ食事が始まると「中国人にテーブルマナーなんて無いんじゃない?」といった驚きのシーンが次から次へと展開される。

  • なんでも料理てんこ盛り
    中国人はなんでもてんこ盛りにしたがる。これは貧しかった時代の反動だと言われる。たくさんの料理を用意する、大盛りにする、それが客人に対する精一杯のもてなしであると中国人は考える。中国では料理を食べきらない。残さず食べるということは「料理が足りない」ということを意味するからだ。だから食べきれないほどの料理を用意するのが中国では最大のもてなしなのだ。しかしそれは中国のルールであり、ホスト側の気遣いである。自分で料理をとるバイキングでは話が違う。食べきれないほどの料理を我先にと皿に取り、ぐちゃぐちゃにして食べ残すのはとても汚ならしい。マナー違反である。その辺に気付いてほしいのだが、今の中国人には無理。
  • 汚く食い散らかす
    中国人はとにかく食い散らかす。テーブルの上も下も横も、とにかく食い散らかす。子供がちょっとこぼしただけで「お行儀が悪い!」と怒ってる日本のお母さんが見たら卒倒する。日本一お行儀が悪い子でも中国人には負ける。しかしこれは、料理を楽しめましたという意味があるらしい。料理が美味しいから何も考えず料理を楽しめる、美味しいから食い散らかせるのだと。難しいことや面倒なことは考えず料理を楽しみたい。どうせ後で片付けるのだから食事中は何も気にしない。その気持ち、分からなくもないのだが…
  • 食べられないものは吐き出す
    骨や殻などが口の中に残った場合、中国人はテーブルのプッと吐き出す。日本人は例え口の中に骨や殻が残ったとしても吐き出すようなことはしないが、中国人は普通にテーブルの上に吐き出す。それが中国人流の食事の仕方であり、中国流テーブルマナーである。日本人は先に骨などをとってから食べるが、中国人は何も考えず口に入れる。食べられないものは吐き出せばいいと考えているからだ。
  • 大声で騒ぐ
    中国人は声が大きい。ホテルのロビーでも、電車の中でも、病院の中でも大声で喋りまくる。もちろんレストランでも大声で喋りまくる。料理が美味しいから嬉しくなってついつい大声になる。つまり「貴方の用意してくれた料理は美味しいですよ」という中国人流のホストへの気遣いだという。しかし、中国人は元々声が大きいだけに、この説には説得力がない。
  • 食事中でもゲップをする
    中国人は食事中でもゲップをする。それも周りの人に気遣うことなど一切なく、問答無用で特大のゲップをする。もちろん食後もゲップをする。いつでもどこでもゲップをする。
  • 食事中でもタバコを吸う
    中国人は食事中でもタバコを吸う。食後の一服なら分かるが、中国人は食事中の一服もありだ。食事中、普通にタバコを吸い、タバコを吸い終わったらまた食事をする。中国人にとってタバコは箸休め。

食事中は何も考えない。何も気にせず食事をたのしむ。これが中国流のテーブルマナーだと言われるが、日本人には理解不能な行為である。


HOME > 中国人観光客のトリセツ > 食事 > テーブルマナーはノーマナー

HOME > 中国人観光客のトリセツ > 食事 > テーブルマナーはノーマナー

中国人観光客のトリセツ - テーブルマナーはノーマナー

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
32 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国人観光客のトリセツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 32

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.