中国文化と中国人 - 恋する中国

日本と中国の会計方法の違い - 中国人観光客のトリセツ

HOME > 中国人観光客のトリセツ > 食事 > 日本と中国の会計方法の違い

日本と中国の会計方法の違い



中国人観光客が日本で食事をする場合、ほとんどの食事はツアーに組み込まれており、個人単位で会計をすることは少ないかもしれない。それでも自由行動がツアーに組み込まれていたり、あるいはホテルにチェックイン後に各自それぞれでレストランやカフェに行くこともある。日本と中国では会計方法が違うので、初めて日本を訪れる中国人観光客には日本の会計方法を教えておく必要がある。

日本では、食事が済んだら伝票をレジに持って行き支払うのが一般的な会計方法である。次にメジャーなのが、食券を買う先払いの会計方法。
それに対し中国では、食事が済んだら、自分のテーブルで支払うのが一般的。
この辺の事情をきちんと説明しておかないと、中国人観光客は会計時に戸惑い、どうして良いか分からなくなる。周りの人を見れば気付くことではあるが、少しでも不安を取り除いてあげて、快適に日本を楽しんでいただきたい。


HOME > 中国人観光客のトリセツ > 食事 > 日本と中国の会計方法の違い

HOME > 中国人観光客のトリセツ > 食事 > 日本と中国の会計方法の違い

中国人観光客のトリセツ - 日本と中国の会計方法の違い

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
34 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国人観光客のトリセツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 34

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.