中国文化と中国人 - 恋する中国

在留資格を「宗教」へ変更する場合 - ビザと在留資格


在留資格を「宗教」へ変更する場合



日本において行うことができる活動内容等 anchor.png

外国の宗教団体により本邦に派遣された宗教家の行う布教その他の宗教上の活動。
該当例としては、外国の宗教団体から派遣される宣教師など。

Page Top

提出資料 anchor.png

  1. 在留資格変更許可申請書…1通
  2. パスポート及び外国人登録証明書…提示
  3. 外国の宗教団体からの派遣状等の写し等派遣機関からの派遣期間、地位及び報酬を証明する文書…適宜
  4. 派遣機関及び受入機関の概要(宗派、沿革、代表者名、組織、施設、信者数等)を明らかにする資料…適宜
  5. 宗教家としての地位及び職歴を証明する文書…適宜
    ※派遣機関からの証明書等で、申請人の宗教家としての地位、職歴を証明する文書を提示。なお、派遣状等(上記3の資料)に、申請人の宗教家としての地位、職歴が記載されている場合には提出する必要はない。

※このほか、申請後に、当局における審査の過程において、上記以外の資料を求められる場合もある。




ビザと在留資格 - 在留資格を「宗教」へ変更する場合

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.