中国文化と中国人 - 恋する中国

在留資格を「医療」へ変更する場合 - ビザと在留資格


在留資格を「医療」へ変更する場合



日本において行うことができる活動内容等 anchor.png

医師、歯科医師その他法律上資格を有する者が行うこととされている医療に係る業務に従事する活動。
該当例としては、医師、歯科医師、看護士など。

Page Top

提出資料 anchor.png

カテゴリー1カテゴリー2
医師・歯科医師医師・歯科医師以外の者
【共通】
1.在留資格変更許可申請書…1通
2.パスポート及び外国人登録証明書…提示
3.申請人が医師又は歯科医師の日本の資格を有することを証明する文書(免状又は証明書等の写し)…1通3.申請人が次のいずれかの日本の資格を有することを証明する文書(免状又は証明書等の写し)…1通
(1)薬剤師
(2)保健師
(3)助産師
(4)看護師
(5)准看護師
(6)歯科衛生士
(7)診療放射線技師
(8)理学療法士
(9)作業療法士
(10)視能訓練士
(11)臨床工学技士
(12)義肢装具士
4.勤務する機関の概要(病院、診療所等設立に許可を受けることを要する機関の場合は、当該許可を受けた年月日を明示したもの)を明らかにする資料…1通

※このほか、申請後に、当局における審査の過程において、上記以外の資料を求められる場合もある。




ビザと在留資格 - 在留資格を「医療」へ変更する場合

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.